ブログ 公務員|フリーランス

【元国家公務員が語る】公務員こそブログをやっておくべき3つの理由

2022年2月18日

悩むブル
  • 公務員は副業禁止だけど、何かやれることないかなぁ…
  • スキルアップするには何がおすすめなんだろう
  • 公務員として仕事をし続けるのもどこか漠然とした不安があるんだよなぁ…

このような悩みが解決できる内容をまとめました◎

私は2021年3月末で7年間務めた国家公務員を退職し、翌日からフリーランスとして独立しました。当時の心境や退職に至る経緯などはこちらの記事をご覧ください。

現在は主にWebサイト制作やWeb広告運用代行などのクライアントワークをしつつ、ブロガーとして発信活動もしながら生計を立てています。そんな経歴を持つ私が過去を振り返った時、そして、過去の自分にアドバイスをするのであれば「ブログをコツコツ始めてみたらどう?」というもの。

なので今回は「【元国家公務員が語る】公務員こそブログをやっておくべき3つの理由」と題して、公務員のスキルアップにピッタリである理由や、公務員の働き方に漠然とした不安を抱える人のヒントを紹介していきます。加えて、公務員の副業禁止規定との兼ね合いについても個人的な見解をまとめています。

公務員こそブログをやっておくべき3つの理由を先に紹介すると

  • 論理的思考力&分かりやすく伝える力&Webマーケティングスキルが身に付く
  • 自分のメディアを育てておくことで、収益化の土台が作れる 
  • いざとなったら公務員を辞められる

になります。

ブログを運営することで、Web上で商品販売までを網羅的に学ぶことができます。要するにWebマーケティングスキルを学べるわけです。もちろん文章を書くのでライティングスキルが身につきますし、分かりやすく伝えるためには論理的な文章構成を考える必要があります。

これらのスキルはどの仕事をするにしても重要ですし、Webマーケティングスキルがあれば転職も十分可能です。ブログが収益化できるなら、そのまま独立も視野に入りますよね◎

将来の選択肢を増やすという意味で、ブログ運営がもたらすメリットは想像以上に大きいですよ。

ブログをやっておくべき理由に関しては、公務員の方に限らず会社員の方も含めて当てはまる内容なので、ぜひ皆さん最後までご覧ください◎

それでは参りましょう。

まずは法律の解釈をおさらい

最初に公務員の副業禁止規定をおさらいします。(国家)公務員の場合は、国家公務員法第103条、104条が肝になります。

完結にいうと

  • 営利企業の役員兼業
  • 自営兼業

禁止ということでした。これが国家公務員法103条の内容です。

加えて「営利企業の役員兼業や自営兼業以外の報酬を得る兼業に対しては許可が必要」で、

  • 労働の対価として報酬を得る
  • 事業または事務に「継続的または定期的に従事する」場合

は、兼業に該当します。これが国家公務員法104条の内容ですね。

公務員しながらブログで稼ぐのは正直グレー

これらの文言に基づいてブログをどのように判断するかについてですが、「商品を紹介し、広告経由で商品を購入をしてもらった結果発生するアフィリエイト広告」に関しては、「自ら営利目的で継続的に活動をする」こと(自営業ですね)に該当する可能性が高いです。なので黒に近いグレーですかね。

「ならブログなんてできないじゃん!」

って思うかもしれませんが、ブログではそんな簡単に稼ぐことはできないのでそこは逆に安心してくださいw

正しいやり方で運営して早くて半年、基本的に1年はかかると思っておいた方がいいでしょう。それに年間20万円以下の収入であれば確定申告は不要で、住民税の申告だけすればOKです。住民税の納付に関しても、「普通徴収」を選択して自治体に書類を提出すれば、住民税額が増えたことを理由に会社に怪しまれることはありません

ブログで収益を出そうと思うと、アフィリエイト広告以外に「Googleアドセンス」という広告の自動表示機能を導入するのも一つの手段です。「Googleアドセンス」は記事の内容そのものが商品紹介である必要がなく、記事の冒頭や最後、サイドバーなどに表示された画像広告を読者がクリックすると報酬が発生するタイプですね。

「Googleアドセンス」を導入するには審査を受けなければいけません。ですので、導入したいという意思がある以上は営利目的が少なからずありますよねw

どちらのパターンにせよ、営利目的で継続的に記事を書くという事実に間違いないので、公務員がブログで稼ぐのはグレーかな…というのが個人的な結論です。

ただ、先ほども書いたようにそんな簡単に稼げるものでもないですし、私自身ブログ歴2年目に突入しましたが、13ヶ月目にしてようやく月の収益が1万円発生した程度です。

masatoshi

身元がバレないようにだけ気を付けておいて、基本的にガッツリ稼ぐつもりでブログにコミットして何ら問題ないと個人的には思っています◎

ちなみに:小遣い稼ぎをしたいなら仮想通貨投資がおすすめ

ブログは収益がしっかり発生した時に問題になりうる(収益が出るまでの時間は相当かかる)のですが、各種投資は法律の規定に引っかかりません。なので株式や債権、不動産、仮想通貨で稼ぐことはなんら問題ありません。

稼いだら堂々と確定申告しましょう。

個人的にもっともおすすめなのが「仮想通貨(ビットコイン)」です。500円という少額から投資できますし、価格変動が激しいのは事実ですが、将来的に希少価値はどんどん上がっていくとされています。収入が安定して入る公務員だからこそ、リスク資産に少額分散投資しやすいですよね。

仮想通貨投資を始めるなら「コインチェック」がアプリの画面もシンプルで扱いやすく、口座開設手続きも10分ほどで完了するのでおすすめです。

公務員と仮想通貨投資に関する詳細が気になる方は、「公務員でも仮想通貨投資で稼いで大丈夫?【結論:問題なし】」をご覧ください。

【元国家公務員が語る】公務員こそブログをやっておくべき3つの理由

「公務員と副業禁止規定をおさらいしつつ、ブログは果たして規定にひっかかるのか」を解説しましたが、この章では公務員こそブログを始めるべき3つの理由を詳しく解説していきます。

ブログを始めるべき3つの理由

  • 論理的思考力&分かりやすく伝える力& Webマーケティングスキルが身に付く
  • 自分のメディアを育てておくことで、収益化の土台が作れる 
  • いざとなったら公務員を辞められる

①論理的思考力&分かりやすく伝える力&Webマーケティングスキルが身に付く

まず一つ目が「論理的思考力&分かりやすく伝える力&Webマーケティングスキルが身に付く」という点です。要するにブログに取り組んだ結果、「本業に活かせるスキル」が身に付くというわけですね(Webマーケティングスキルは本業じゃないですが)。

自分の興味関心、伝えたいこと、日々の愚痴でも何でも、ブログのテーマは初めは何でもOK(稼ぎたいならテーマ選びも重要です)。決めたテーマに関し、頭の中にあるもの文章にしていくことで思考が整理できます。書いた内容に対して自己満で終わるわけにもいかないので、伝わる文章構成にしたいですよね◎

読者目線で続きが読みたくなるような文章、分かりやすい文章を書くように心がけることは、普段のメールや各種の書類作成などにもそのまま活かせます。テキスト(メッセージ)でのやりとりがなくなることはありませんし、普段から文章を書くことに慣れておくと、口頭でのコミュニケーションもスムーズになるのではないでしょうか。

「ブログで稼ぎたい!」と思うなら、「ゴール設計」が最も重要です。要するにどの商品を紹介するか。そして競合はどんな記事を書いているのか。市場規模は拡大するのか、はたまた縮小するのか。紹介する商品が決まった上で、どんな記事を書くことでアクセスが集まるのか、どんな内容でどんな順番で伝えたら良いか。

こうした全ての導線設計はWebマーケティングの醍醐味ですよね。なんとなく記事を書くだけでは商品は売れないですし、適当に始めたブログで、商品を紹介しようと思っても紹介できる商品がなかった…なんていうのは過去の私ですw

「ブログで本気で稼ぎたい」と思っている方は、「ブログを120記事書いて年収1,500円の状態から8記事追加して1万円稼げた話」をご覧ください。なんならそのままパクってもらって大丈夫です◎

②自分のメディアを育てておくことで、収益化の土台が作れる

続いての理由が「自分のメディアが育つことで収益化の土台が作れる」ことです。SNSでの発信力やつながりは、小さくてもいいから持っていて損はないです。自分の声が届く範囲とも言えますが、オンラインで全ての仕事が完結してしまう立場にいる身としては、「自分のメディア」はもはや分身

公務員をしていると遠い話のように聞こえるかもしれませんが、

「公務員」という看板・肩書きがなくなったとき、あなたは何ができますか?

過去の自分に問いかけたら答えられる自信が全くないです…。同じように返答に行き詰まったなら、「自分のメディア」を育てることに挑戦しましょう。幸いにも、この記事を読んでいる人は会社にお勤めの人が多いはずです。その環境を最大限活用することを強くおすすめします。

①で書いた本業に活かせるスキルが身に付くだけではなく、自分のメディアを育てた結果

  • SNSで多くの人に情報を届ける
  • 人を集める

力が身につき、それが収益化の土台になりえます。これはものすごいスキルです。

こうして自分のメディアが育った結果が③につながります。

③いざとなったら公務員を辞められる

この記事をここまで読んでくださっている人の中には

  • …今の仕事に満足していない
  • なんとなく公務員続けている
  • 今さらほかの仕事なんてできない

なんて思っていませんか?

過去の私はそう思っていました。

仕事内容に限らず、人間関係もありますよね。働く人は変えられないし、働く場所も簡単には変えられない。公務員は仕事が特殊だから民間企業へ転職なんてのはイメージがつかないし、転職できるイメージもない。

その一方で公務員として働き続けたら、寝る場所や食べるものに困ることはないし、必ず安定した給料が支払われます。その「安定」というのはいってしまえば「安く定まる」わけなので、公務員として働くと様々なジレンマに襲われますよね。

おそらくですが、「公務員だけどブログやろうかな…」と思ってる人は今の働き方に少なからず疑問を抱いていて、あわよくば「公務員辞めたいなー」って思っていませんか?

コツコツとブログを続けた結果、「いざとなったら公務員を辞めてもいい」という選択肢を持てるようになります(ちゃんと続けて各スキルが身につけば)。

本気で稼ぐつもりでブログ書いて本当に稼げるようになったら、本業としてブログをやったっていいわけですし。収益化させるつもりはなくても、ブログに多くの読者がついているのであれば、収益化まではすぐそこです。ブログで読者集めに成功できたなら、TwitterやInstagramなどのSNS集客にも応用でしますし、その実績があればSNS運用代行として仕事を受注することも◎

masatoshi

ブログで月1万円稼ぐ段階まで到達するのが一番苦しいので、そこを頑張って乗り越えましょう!

フリーランスとしてどんな仕事ができるのかイメージが湧かない人は、「【フリーランス1年目のリアル】30歳公務員がフリーランスに|会社を辞めたい方必見」をご覧ください。

まとめ〜公務員をしながらブログ発信して個人のスキルを伸ばそう〜

いかがでしたか?

今回は「【元国家公務員が語る】公務員こそブログをやっておくべき3つの理由」を解説しました。

おさらいすると

ブログを始めるべき3つの理由

  • 論理的思考力&分かりやすく伝える力&Webマーケティングスキルが身に付く
  • 自分のメディアを育てておくことで、収益化の土台が作れる 
  • いざとなったら公務員を辞められる

でしたね。

ブログは一朝一夕で形になるものでは断じてありません。それは事実ですが、自分のメディアを作って発信活動をすることには沢山のメリットがあります。やるもやらないも自由ですが、「公務員として働き続けることに漠然とした不安がある」ような過去の自分に向けたメッセージとして、「ブログをやっておくと将来の選択肢が広がる」という内容をお届けしました。

「ブログ始めてみようかな」と思った方は、「note」という無料で始められる媒体もありますが、収益化も見越して長期的に取り組みたいのであれば、私同様「WordPress」を使ってブログ開設しましょう。WordPressを使ったブログの開設方法は【最短10分】完全初心者向け!WordPressブログの始め方で紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

あなたの行動の何かのきっかけになれば幸いです。

それではまた。

-ブログ, 公務員|フリーランス