人生 公務員

【公務員からフリーランスに独立して6ヶ月】失敗から発見を見出す毎日

2021年10月12日

green-bird

フリーランスとして実際にどんな働き方してるんだろう

どうやって生計を立てて、何を仕事にしているんだ?

公務員からフリーランスになるってどんな感じなんだろう

このような疑問を持っている方悩みを解決できる記事となっています。

今回は、タイトルにあるとおり

【公務員からフリーランスに独立して6ヶ月】失敗から発見を見出す毎日

ということで、元国家公務員一般職として7年間勤務し、2021年4月からフリーランス独立した6ヶ月間について、実体験をもとに振り返っていきます。

こんな人に読んでほしい

  • 現在公務員だけど、仕事や人間関係に悩んでいる方
  • フリーランスという働き方に興味はあるけど、自分がやっていけるのか不安な方

記事の前半では

  • どんな毎日を送っているのか
  • 何をして生計を立てているのか(仕事内容)

について解説し、記事の後半では

  • これからの展望
  • まとめ(感想)

を解説していきます。

先に結論を書いておくと、「フリーランスは大変だけど独立して本当に良かった」ですし、いわゆる「充実した毎日を過ごしています」ってやつです◎

組織に所属して毎日決まった時間に決まった場所で仕事をするのは、、、本当に無理です笑

【公務員からフリーランスに独立して6ヶ月】失敗から発見を見出す毎日

Photo by Sarah Pflug from Burst

どんな毎日を送っているのか

まずはじめに、公務員からフリーランスになって

  • 毎日の生活やライフスタイルにどのような変化があったのか
  • 心境の変化などはあったのか

について紹介していきます。

まず、公務員時代(最後の年度)は

  • 毎朝6時前に起床
  • 電車で1時間ほどかけて通勤
  • 家から最寄駅、役所の最寄駅から役所まで合計30分(往復1時間)かけて通勤
  • 8:30〜17:15が定時
  • 大体1時間30分くらい残業
  • 家に着く頃には20時前
  • ご飯食べて一息ついたら21:30
  • シャワー浴びてなんやかんやしてたらもう23時、寝なきゃ

みたいな生活でした。

拘束時間長すぎる笑

一方で、フリーランスになってからの生活は

  • 6:30 起床→メールチェックしつつ、今日やることを書き出す
  • 7:00〜 午前の部スタート
  • 12:00〜13:30 昼休憩(自炊、その後昼寝)
  • 13:30~17:30 午後の部スタート 
  • 以後、筋トレかランニング
  • 夕食後:YouTube、読書、メルマガなどで情報収集や勉強

こんな感じで、起きる時間はそんなに変わっていないけど、通勤時間がない分、時間を有効活用できていることがお分かりいただけるかと思います◎

フリーランスになって良かったこと

全て自分のスケジュールで動ける

妨げられるものがない

好きなこと(苦ではないこと)のために時間を使うから、どれだけでも頑張れる

これらはフリーランスになってからヒシヒシと感じています。

何をするにしても全部自己責任

とも言えるけど、自由を獲得する手前、それくらいの代償?はつきもの(当然)ではないでしょうか。

時間を有効に使えるし、自分の意思のもとに行動しているから、毎日の充実度が半端なく高い

通勤時間は5秒w で、基本的に一日中パソコンで何かしら作業しています。

もちろん読書もします。

長い時間作業してるようにみえるかもしれませんが、仕事とプライベート(遊び)の区別がないので全く苦になりません。

公務員時代とフリーランス独立してからというもの、起床時間と就寝時間に大差はないので、生活リズムそのものはほとんど変わっていません。

ただ、1日の時間の使い方は本当にガラッと変わりました。

通勤時間の3時間を自分のために使えるようになったのは、、、本当にでかい。

公務員時代は6時前に起きて20時前に帰宅してたので、仕事のために毎日14時間ほど使っていました。

睡眠時間は7時間と仮定すると、残り3時間。

帰宅してからご飯食べてシャワー浴びる時間を1時間としたら、残り2時間。

つまり、毎日自分のために使える時間は、最大でも2時間ほどでした。

これでは何もできない笑

「時間という貴重な資源を全く有効活用できない」という点に大きな違和感を覚えたのも、公務員を辞めよう(独立しよう)と思った大きな理由でしたね。

フリーランスになってからは、朝型の生活リズムはそのままに、クライアントワークや発信活動を17時過ぎまでで一区切りさせ、残りの時間は基本的にフリー。

ちなみに土日も関係なく、毎日同じ生活リズムで過ごしています◎

これも、「苦じゃない」が故にできてしまうことだと思っていて。

「丸一日休む」ことで、逆に日々のリズムが狂いそうだし、駆け出しであるからこその「不安」が大きいのは否めません。

ここまでをまとめると

  • 毎日の生活リズム自体に大差はない
  • 自分の意思で行動できていることへの満足感や充実感で溢れている
  • 「丸一日休む」という感覚はほぼなくなった(「一日の中で休憩する時間を取る」という感覚が強い)

こんなところでしょうか。

何をして生計を立てているのか(仕事内容)

主にWeb系の仕事をしていますが、具体的には

Webサイト制作

を請け負う形で生計を立てています。

どこで仕事とるの?

という疑問が浮かぶかもしれませんが、いわゆる「クラウドソーシングサイト」で募集されている案件に応募して、クライアントさん(案件)を獲得しています。

特に有名なクラウドソーシングサイトは

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

がありますし、いまは

  • ココナラ

というスキルシェア(得意を売り買いする)サービスもあるので、Web系の仕事を獲得する機会は意外と多くあります◎

そのほかにも、SNSで

フリーランスとして活動するようになりました〜

という近況報告をしたことで、Webサイト制作のお話をいただけたこともあります。

このようにしてWebサイト制作案件を受注してきましたが、独立してから半年間で納品したWebサイトは、合計8サイトでした。

これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは判断が難しいところですが、毎月少なくとも1サイトは作っていたという計算になります。

元々プログミングができたわけではなく、「公務員を辞めるぞ!」と決断したタイミングから、プログラミングの勉強を始めました。

なので、独立するまでの猶予期間はおよそ半年。

今ももちろん勉強していますが、退路を絶った状況というのも相まって、今もなんとかやれているのかなーというところです。

これからの展望

ここまで、公務員からフリーランスになってみたライフスタイルや心境の変化、具体的に何をして生計を立てているのかについて解説してきました。

お次はこれからの展望ということで、どんな仕事をしていきたいのか、どんな人生を遅れるようになったら幸せなのか、そのようなことをまとめていきます。

先ほども書いたように、今はWebサイト制作一本で生計を立てている(実際は大赤字なので貯金を切り崩しながらの生活)わけですが、これからは

  • Webサイト制作後の集客/特にWeb広告運用
  • ブログ運営
  • Webライター

などにも挑戦しながら、収入の柱を複数持てるような努力をしていきたいと考えています。

「Webサイト制作」は、いわゆるWeb集客のほんの入り口に過ぎないところですよね。

作ったはいいけど、アクセスが集まらなかったら正直意味がない。

作って終わりでは、なんとも悲しい。

クライアントさんとの関係性も途切れてしまう、というのがWebサイト制作「しか」請け負えない悩みと言えます。

結局、「クライアントさんの売上への貢献度合い」をどれだけ上げられるかが肝。

そうなってくると、Webサイトを作った後も継続的にお付き合いできるような仕事ができるようになりたいわけです。

その一つが、「Web広告運用」。

Webサイト作れます!

ではなくて

売上の上がるWebサイト作れます!

って提案できた方が、クライアントさんの食いつきも違うじゃないですか。

なので、業務範囲を広げながら、Web系の仕事を横展開していくというのが目下の狙いですね。

あとは、今書いているようなブログ を運営することで、過去の自分と同じように、

  • 公務員してるけどなんかもやもやしている
  • 副業禁止と言われて困っている

人の悩みを解決できるような記事・コンテンツを作っていきたい。

つまるところ、毎日コツコツ積み上げるに限りますね。

一日で人生なんて変わるわけがないし、早くて半年、基本的に年単位ではないでしょうか。

「変化を楽しむ」くらいの気持ちで、これからも継続していきます。

まとめ〜「失敗=発見 の毎日」がなんだかんだで刺激的〜

Photo by Brodie Vissers from Burst

いかがでしたでしょうか?

今回のブログでは、

【公務員からフリーランスに独立して6ヶ月】失敗から発見を見出す毎日

ということで、公務員を辞めてフリーランス独立した自分が、独立後の半年間をどんな風に過ごしてきたのか、何してたのかを余すところなく紹介しました。

現状としては貯金を食い潰す日々であることに間違いはなくて、ジリ貧なのは事実です。

そして、フリーランスになってからというのは、それは本当に失敗の連続。笑

公務員をやってたもんだから、営業スキルなんてないし、商談の仕方も変だし、請求書も作ったことはないし、メールのやりとりも不自然だし笑

クラウドソーシングサイトで提案しても返信がこないのは当たり前。

返信が来ても、テンプレートのお断りメッセージ。

正直言って、失敗ばかりの毎日です。

でも、

失敗 = 発見

じゃないですか?

  • このやり方ではだめなんだ
  • 次はこういう言い回しが響くんじゃないのか?

このように、失敗を「仮説と検証のための発見」と捉えられると、無限に成長できる気がしませんか?笑

実感はないですけど、少なくともこの半年間で学べた内容や経験の濃さは、人生で一番だと自信を持って言えます◎

成長を実感できたり、たくさんの経験を積めるというのは、自分で人生をデザインできている感じがするし、それが幸せにつながるんじゃないかなーと思ったりもします。

極論、「今日を生きてたら幸せ」なんですけど、もう少し欲を言えば「今日を満足して生きることができたら、もっと幸せ」なのかなーと。

フリーランス独立して半年しか経ってないけど、振り返る内容がいくらでもあるというのは、それだけで素晴らしいことですね。

公務員のままだったら経験できてないことだらけだし、これからもたくさん失敗を重ねてその都度新たな発見をしていきたい◎

「人生の大切な仕事は思い出作り」です。

限られた時間の中で、お金から最大限の価値を引き出し、経験に時間とお金をつぎ込む。

墓場に持っていけるのは思い出だけなんで笑

このブログを読んで、何か行動するきっかけにでもなったらとても嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

-人生, 公務員