公務員|フリーランス

【元国家公務員が解説】民間から公務員へ転職して後悔する5つの理由

悩むブル
  • 民間企業から公務員に転職を考えてるけど…後悔しないかな
  • 民間企業から公務員になるのは大変なの?
  • 経験者の生の声を知りたい

このような悩みを解決できる内容を用意しました!

masatoshi

2021年3月31日をもって7年間勤務した国家公務員を退職し、翌日からWeb系フリーランスとして独立しています。

民間企業で就職した経験、民間企業から公務員へ転職した経験、そして公務員を退職して現在はフリーランス独立していますので、あなたの悩みは全て解決できる自信があります!

記事前半では、そもそもの公務員の労働環境について、公務員で働くことのメリット・デメリットについて解説し、記事後半では民間企業から公務員へ転職して後悔する理由や後悔する特徴を紹介していきます。

masatoshi

本記事を読むことで、民間企業から公務員へ転職すべきかどうか、あなたがこれから取るべき行動が何なのか全て分かります◎

悩むブル

前置きはいいから早く民間企業から公務員へ転職して後悔する人の特徴を教えて

という方は、「民間企業から公務員へ転職して後悔する理由や後悔する人の特徴5選 」をご覧ください。

それでは参りましょう!

①元国家公務員が語る、そもそもの公務員の労働環境とは?

Photo by Alex Kotliarskyi on Unsplash

民間企業から公務員に転職したいと考えている人へ向けて、2021年3月31日まで国家公務員一般職として7年間勤務した私のリアルな労働環境をお伝えします。

私個人の結論としては、公務員への転職は基本的におすすめしません。

ただ、後述する「民間企業から公務員への転職を後悔しないために行ってほしい3つのこと」で詳しく触れますが、

理想のライフスタイルを実現するための選択として「公務員」にならないといけない

と言えるのであれば、公務員への転職を目指すと良いでしょう。

それでは

  • 残業事情
  • 給料事情
  • 人間関係

に分けて労働環境を紹介していきます!

残業事情

ぶっちゃけると、基本的にサービス残業をしています。

公務員はあらゆる場面においてアナログなので、出勤簿に毎朝押印していますし、退庁時に退庁時間を一覧表に記載してから帰りますw

その際に残業時間を自己申告しますが、

  • どうせ残業代は全てつかないし
  • 残業といえるほどの業務をしたわけでもないし

みたいな理由で過少申告してしまいがち。

その結果、残業代は多くて20時間分くらい(45,000円程度?)だった記憶です。

これは配属された部署にもよります。

暇な部署だと毎日定時上がりですし、むしろ「午前中で仕事が終わって午後から何もすることがない」なんて日もありました。

部署によっていろんな意味で当たりハズレが極端です。

給料事情

公務員の給料は安いです。

若手中堅、40歳手前くらいまでは全然安いです。

大切なことなので2回言いましたが、

結婚して子供が産まれて手当が諸々もつけばなんとかなるかな…

くらいという認識です。

「安定」はしていますが、つまるところ

安く定まる

だけです。

人間関係

これが非常に独特です。

人の入れ替わりがほとんどないため、良くも悪くもすごく濃い人間関係が構築されます。

私が勤務していた省庁は本庁舎に450人ほどの職員が勤務していましたが、同じ部署で働くことはなくても大体どこかで顔を合わせ、なんとなく顔と名前が一致し、一度でも何かしでかすと一瞬で噂が広がります。

また、ハラスメント系の上司がチラホラいるのも特徴的ですね…。

自分の働き方・自分のやり方が絶対に正しい

という凝り固まったこだわりを持っている職員も多いです。

masatoshi

ドライな人間関係を好む人にとっては、正直言って苦痛極まりないと思います…。

公務員で働くことのメリットデメリットとは?

Photo by DocuSign on Unsplash

私が勤めていた官庁は上記のような労働環境でしたが、公務員として働くのであれば、地方公務員であろうと国家公務員であろうと大差はないと思います。

それでは次に、公務員で働くことのメリットデメリットについてサクッと触れていきます。

なお、「【完全ガイド】公務員から民間企業へ転職する方法5ステップを網羅的に解説」に詳細にまとめていますので興味のある方はご覧ください。

公務員で働くことのメリット

公務員で働くことのメリットを3つに厳選すると以下の通りです。

公務員として働くメリット

  • 社会的な信用は高い
  • 確実に給料がもらえるし福利厚生は充実している
  • 地元に根付いて働くことができる(特に地方公務員)

順番に解説していきます。

社会的な信用は高い

最も大きなメリットではないでしょうか。

住宅ローンを借りる際も、医師同様の信用がありますからね。

その点においては優位に働きますよね◎

社会的な信用をいつ、どの場面で必要とするかは定かではありませんが、社会的な信用が高いというのは紛れもない事実です。

確実に給料がもらえるし福利厚生はとても充実している

二つ目ですが、圧倒的に不況に強いのが公務員です。

ボーナスが支給されなくなることはありませんからね…。

民間企業ならボーナスカットも当然ありますし、コロナ禍によって航空系・観光業は毎月の給料も大幅にカットされているのが実情です。

また、福利厚生はとても充実していると言って良いのではないでしょうか。

国家公務員の場合は住宅手当が最大27,000円支給された記憶ですが、最大の魅力は公務員宿舎です。

当時は築10年以下の3LDK(結婚していたので世帯用に入居できました)、地下鉄最寄駅徒歩3分、庁舎まで徒歩15分という立地で5万円でしたからね…。

これでも以前に比べて値上がりしていますが、通常であれば3倍近い家賃がかかってもおかしくない条件なので、その点は本当に恵まれています。

地元に根付いて働くことができる(地方公務員の場合)

価値観によりけりですが、地元志向が強い方にとっては最も大きいメリットかもしれませんね。

現在お勤めの民間企業が

  • 全国転勤だから住居を固定させられない
  • マイホームを建てたら転勤を命じられた

なんてことはよく聞く話ですよね…。

地方公務員であれば、その市町村で勤務することが確定しますからね。

その点はメリットと言えるでしょう。

公務員で働くことのデメリット

続いて、公務員で働くことのデメリットも3つに厳選して紹介します。

それがこちら。

公務員として働くデメリット

  • 給料が安い
  • 組織体質が想像以上に古いし職場内の風通しは悪い
  • 不毛な作業が多い

順番に解説していきます。

給料は安い

何度も書いていますが、本当に給料は安いので気をつけてください。

「安定志向」というだけで公務員を目指すと必ず後悔します。

副業もできませんからね…。

私の2021年3月に振り込まれた給料は、手取りで22万円でした。

公務員になって7年目、残業代は0、地域手当が10%くらいという感じでこの金額です。

毎年俸給表の号俸が上がったとしても、その分社会保険料なども上がるため、プラス2,000円くらいしか上がらない…。

組織体質が想像以上に古いし職場内の風通しは悪い

労働環境でも触れたように、組織内の人の入れ替わりは基本的に

  • 新規採用者が入ってくる
  • 退職して抜ける

のどちらかです。

勤続年数の長い人がいわゆる老害として鎮座し、一日中喋ってばっかりで仕事していない人もチラホラいたり。

そういう人に限って発言権は強めだから、変に歯向かうような姿勢でも取ろうもんなら食ってかかってくるのがオチ。

最終的には目立たないように粛々・淡々と与えられた業務をこなす、機械作業人間の出来上がりです…。

…割り切って仕事ができるなら問題ないですよ◎

不毛な作業が多い

公務員は根拠に基づいて仕事をしています。

それゆえ

「これは一体なんのためにやるんだ…?」

という業務がよくあります。

作業効率を上げるような取り組みをしたくても、

「この規程があるからさ、それはできないんだよね」

で却下。

仕事のやりがいをどこに求めていいのかわからないのも、大きなデメリットと言えます。

民間企業から公務員へ転職して後悔する理由や後悔する人の特徴5選

Photo by @felipepelaquim on Unsplash

公務員のリアルな労働環境、公務員として働くメリットデメリットを解説してきましたが、これだけ読んだ時点で民間企業から公務員へ転職するのは止め手おいた方がいいというのが伝わるかもしれません。

ここで改めて、民間企業から公務員へ転職して後悔する理由や後悔する人の特徴5選を解説します。

転職して後悔する理由5選

  • しっかり年功序列だから給料は全然上がらない
  • サービス残業は通常営業
  • 仕事に対するモチベーションが保てない
  • 頑張りが評価されない
  • 専門的なスキル、潰しの効くスキルは身につかない

順番に解説していきます。

①しっかりと年功序列だから給料は全然上がらない

何度も書いているので読み飽きたかもしれませんが、それでも触れます。

公務員は給料が高いというのは幻想

だと思います…。

  • 定年までしっかり勤め上げる前提
  • 賃金カーブが二次曲線的に上昇するのは50歳を過ぎたあたりから
  • 若手から中堅職員、単身者は総じて薄給

これは覚悟しておきましょう。

②サービス残業は通常営業

私が勤めていた省庁だけに限った話ではないと思いますが、サービス残業は普通にあります。

というかサービス残業をしている時間の方が長いですね。

職員数は削減されていますし、その割にやることが増えているので…勤務時間が伸びてしまうのはやむなしです。

とは言っても、民間企業ほどの残業時間を強いられるものではないと思うので…そこまで気にならないのかもしれません。

③仕事に対するモチベーションが保てない

民間企業の場合は利益を追求し、次から次へと新しい仕事が舞い込む(降ってくる)かと思いますが、公務員の場合は公益を追求します。

そして、全ての業務が根拠に基づいています。

いってしまえば定型業務が基本です。

異動が定期的にあるため、各部署の業務内容等を覚えるまでは新鮮味がありますが、一度やり方を理解してしまうとなかなか仕事に対するモチベーションを保つことが難しいです。

「仕事にやりがいを見出せない」

というのに近いかもしれませんね。

④頑張りが評価されない

民間企業から公務員に転職して後悔する理由の①「年功序列」に関連しますが、たとえ目立った成果や各業務への献身的な取り組みを行なっても、若手や中堅職員の場合は評価されないことがほとんどです。

公務員の評価制度に原因があるのですが、業績評価、能力評価と呼ばれる2項目で5段階評価がつけられ、ポジション(係長、主任、係員などの立場)によって

5段階評価の最上位は○人

と言った形で決まっています。

その○人の数自体が、若手・中堅職員と言われる主任、係員の場合は極端に少ないんですよね…。

係長、それ以上の場合は、最上位の評価をつけられる数が多いという仕組みがあります。

頑張ったはずなのに評価は5段階評価の真ん中…

はザラにあります。

⑤専門的なスキル、つぶしの利くスキルは身につかない

公務員として働くと、公務員として生き抜くスキルは身に付きます。

しかし、民間企業でも活きるようなスキルは残念ながらつきません…。

これは私自身が痛感しています。

法律面で少しだけ詳しくなったくらいで、日常的にプレゼンすることもなければ営業もしないし、基本的に書類を作りまくる仕事。

民間企業から公務員に転職してしまうと、そこでミスマッチが生じた場合に再度民間企業へ転職するにしても、なかなか骨の折れる作業になるでしょう。

民間企業から公務員への転職を後悔しないためにすること3選

Photo by Reinhart Julian on Unsplash

民間企業から公務員へ転職して後悔する理由を紹介しました。

「公務員」という組織の一つ一つが村社会みたいなもので、人間関係や仕事観、評価制度などが非常に特徴的です。

この章では、そのような公務員への転職を後悔しないためにしておくべきことを3つに絞って紹介します。

それがこちら。

転職を後悔しないために

  • なぜ公務員へ転職しようと思ったのか、理想のライフスタイルは何かなど、自己分析をしっかりと行う
  • 公務員への転職に限らず、広く「働き方」に関する情報収集を徹底する
  • 転職エージェントを活用して市場価値を把握し、最適な転職先を検討する

順番に解説していきます。

①なぜ公務員へ転職しようと思ったかなどについて深く考えて自己分析を行い、理想のライフスタイルを言語化する

  • あなたは今働いている民間企業から、なぜ公務員になりたいのでしょうか?
  • あなたが思い描く理想のライフスタイルはなんですか?

これらをしっかり言語化することをおすすめします!

最も避けなければいけないのが

公務員って安定してるし

と漠然と考えている場合です。

民間企業から公務員へ転職すると決意した根底になにがあるのか

これはしっかり言えるようにしましょう!

②公務員への転職に限らず、広く「働き方」に関する情報収集を徹底する

①が要するに人生のゴールのようなものです(人生の最期は死以外の何ものでもないんですが)。

転職する目的は人それぞれですが、おそらく全ての人が

「もっと幸せな毎日を送りたい」

と考えたはずです。

幸せの形は人それぞれですから、もしかしたら公務員にならなくても幸せの形に近づけるかもしれません。

ほかの選択肢を知らないままに、盲目的に公務員を目指していませんか?

  • 民間企業で働きながら副業をしてみる
  • 同じ業界で転職する(民間企業から民間企業への転職)
  • 会社を辞めて独立する

などの選択が取れるかもしれません。

もちろん、公務員へ転職することが幸せの形に近づくのであれば、転職先(自治体、県、国の出先機関)に関する情報をとにかく集めましょう。

できることなら、実際の職場の雰囲気を体感しましょう(市役所なら気軽に足を運べますよね)。

公務員として実際に働いている人の声を聞くのがベストですが、このブログのように実体験をまとめている人がいるので、そうした情報も含めて、広い視野をもってたくさんの情報を集めましょう!

③転職エージェントを活用して市場価値を把握し、最適な転職先を検討する

情報収集の一環としてですが、転職エージェントは積極的に活用しましょう!

カウンセリングを受けることで市場価値を把握することができますし、転職のプロに相談できる機会はなかなかありません。

エージェントの客観的な視点で、あなたの理想的な転職先に関するアドバイスをもらってみましょう!

masatoshi

転職エージェントの中には各自治体の情報を扱うところもあaるので、転職エージェントには一通り登録し、無料カウンセリングだけでも受けてみましょう◎

おすすめ転職エージェント3選

悩むブル

転職先の提案はなくていいから、キャリアについて相談にのってほしいんだよな…

という方は「ポジウィル」に登録してみましょう!

キャリアに特化したコーチングサービス」を提供していて、どう生きるかの整理をすることをサービスの目的としています◎

こちらも無料カウンセリングを受けられるので、自己分析やキャリア設計を手伝ってもらうつもりで利用するのがおすすめです!

>>ポジウィルで無料カウンセリングを受ける

民間企業から公務員への転職にまつわる疑問に答えてみた

PexelsTirachard Kumtanomによる写真

民間企業から公務員への転職にあたっては

なぜそう思ったのかをしっかり言語化しておきましょう

というのが先ほどお伝えしたかった内容です。

この章では、民間企業から公務員への転職にまつわる疑問について回答しました。

公務員になるための試験って大変そうなイメージなのですが…

公務員になるためには、

  • 一次試験を突破するための学習時間の確保
  • 二次試験を突破するための面接対策

が必要です。

一次試験の難易度は、センター試験同様と考えてもらうとちょうどいいのかなと思います。

ただ、志望する自治体によって試験科目が結構異なります。

市役所試験の場合は科目数が少ないので学習ボリュームは小さくて済みますが、県庁や国家公務員一般職の場合、試験科目が増えるのでどうしても学習ボリュームが大きくなります。

私の場合は民間企業を辞めて

日中は公務員予備校に通い、夜は居酒屋でバイトするというフリーター生活

をしながら、10月から学習を開始し、翌6月の試験を受験してなんとか合格しました。

民間企業から民間企業へ転職する場合と異なり、学習コストがどうしてもかかります。

基本的には民間企業で働きながら公務員試験対策(勉強)をするので、正直言って結構大変です…。

それだけの学習コストをかけてでも公務員になりたい、公務員にならないと自分の人生は幸せにならない

と決意できているのであれば、それは覚悟を決めて乗り越えましょう!

公務員から民間企業への転職はどうなの?

今回の記事では、「民間企業から公務員への転職」をテーマにしていますが、逆パターンも気になりますよね。

私の場合は民間企業へ転職することなくフリーランス独立することに決めましたが、こちらもハードルは相当高いです。

詳しく書いていくとキリがないので、「【フリーランス1年目のリアル】30歳公務員がフリーランスに|会社を辞めたい方必見」に詳細をまとめています。

興味のある方はこちらをご覧ください◎

まとめ:民間から公務員へ転職して後悔する5つの理由【大事なのは理想のライフスタイル】

PexelsAndrea Piacquadioによる写真

いかがでしたか?

今回は

「【元国家公務員が解説】民間から公務員へ転職して後悔する5つの理由」

と題して、記事の前半では公務員の労働環境や公務員として働くことのメリットデメリットを解説しました。

記事後半では、民間企業から公務員へ転職して後悔する理由や後悔する人の特徴、後悔しない転職活動をするためにおこなっておきたいことを紹介しました。

民間企業から公務員へ転職して後悔する理由をおさらいすると

転職して後悔する理由5選

  • しっかり年功序列だから給料は全然上がらない
  • サービス残業は通常営業
  • 仕事に対するモチベーションが保てない
  • 頑張りが評価されない
  • 専門的なスキル、潰しの効くスキルは身につかない

でしたね◎

いずれも、

「公務員として働くと実際のところどうなんだ?」

というリアルな一面に対するギャップが後悔につながると言えます。

これらに直面したとしても、

理想のライフスタイルを言語化し、あらゆる可能性・選択肢から、公務員になることがベストである

と決断したのであれば、公務員への転職は納得のいくものとなるはずです🙆‍♂️

また、転職エージェントなども積極的に活用し、カウンセリングを通してご自身の市場価値を客観的に知っておくのも重要です。

知人友人以外からアドバイスももらえる環境があるのは、転職活動を優位に進めることができます。

おすすめの転職エージェントを掲載しておきますので、それぞれ登録して、ご自身のキャリア設計に有効活用しましょう!

おすすめ転職エージェント3選

何をするにしても、後悔しない人生を送りたいですよね◎

今回の記事が、あなたの少しでも役にたったら嬉しいです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

-公務員|フリーランス