NFT マネーハック 公務員のスキルアップ

200円でガチャガチャをひいて9万円稼げた話【国内NFTがアツい】

タイトルの内容が全てなんですが。

2022年7月17日に販売開始となったNFTコレクション「CNPJ」。

このコレクションは、いわゆる「爆益案件!?」として、国内NFTコレクターの間では大注目されていました。

幸いにも、ぼくはCNPを6体まで優先購入できる権利を持っていました。

masatoshi

そのおかげで、今回、CNPJから発行されたNFTを1体約200円(0.001ETH)でゲット◎

ゲットできた個体の顔ぶれはこんな感じ。

即日、うち1体を0.5ETHで売りに出したら…売れちゃいました。

ETH(イーサ)の価格は

1ETH=185,000円

くらい。

なので約200円でゲットしたNFTが、90,000円で転売できたというわけです◎

masatoshi

実働時間は60分もないですが、時給9万円って…現実離れしてますねw

ぼくは今回の転売含めて、2体のNFTを売って15万円稼ぎました(購入額約17,000円)。

もちろん行動しない限り、爆益案件に辿り着くことはできません。

必ず稼げるものではありませんが、何か副業を始めたいなら

「NFTの短期売買」

に挑戦するのはかなりアリだと、個人的には思っています◎

NFTを買ってみたいな

という人は、「【完全初心者向け】NFTの買い方を分かりやすく解説【簡単5ステップ】」をご覧ください。

次の章からもう少し深堀りしていきますね!

NFTの短期売買は最新の電脳せどりとしてブームがやってくる?

「安く仕入れて高く売る」のは、せどりに限らず商売の基本です。

CNPJの場合、仕入れは約200円。

ガチャガチャ一回分ですね。

masatoshi

それが即日で90,000円になるなんて…激アツ。

「せどり」は、人気のある副業の一つではないでしょうか。

ホームセンターや中古品販売店、Amazonや楽天で商品を見定めて、利益を乗せて販売する。

一商品あたりの利幅がどれくらいなのかは、商品次第かと思います。

masatoshi

…さすがに450倍で売れることはないですよねw

NFTの短期売買は在庫という概念すらない【実は始めやすい】

一般的なせどりと比較して、NFTの短期売買の最も大きな違い・特徴が「在庫の有無」です。

また、発送業務も特段ありませんし、ボタン一つで取引が完了します。

さらに、取引が成立したら、瞬時に仮想通貨「ETH」が手に入る。

パソコン1台と、相応のネットリテラシーがあれば、ぶっちゃけ誰でもできます。

なお、NFTを購入するまでに準備すべきことは、大きく分けて5つのSTEPが◎

  • 仮想通貨取引所で口座開設
  • 仮想通貨「ETH」を購入
  • 仮想通貨用の財布「MetaMask(メタマスク)」をダウンロード
  • NFTマーケットプレース「OpenSea」にアクセス
  • NFTをポチる
masatoshi

一見すると難しそうですが、一つずつ操作すれば、半日くらいで環境は整いますよ。

開設方法の詳細は「【完全初心者向け】NFTの買い方を分かりやすく解説【簡単5ステップ】」にまとめています。

450倍にはならなくても、2倍くらいなら今からでも狙えます

正直言って、今回の爆益案件(CNPJ)はかなりラッキーでした。

優先購入権を持っていなかったら、約200円で仕入れることはできていません。

ですが今からCNPJを仕入れても、収益化は普通に狙えます

現在のCNPJの取引価格ですが、最低価格が0.26ETH

CNPJは販売開始からまだ2日目(記事執筆時点)ですが、CNPJは、「CNP」というNFTコレクションの「ファンアート」として販売されました。

CNPは2022年5月15日に販売開始され、こちらも最初は0.001ETHでした。

それが約2ヶ月経過して、現在の最低価格が0.48ETHとなっています。

masatoshi

販売して1ヶ月経った頃には、最低価格が「0.9ETH」に到達していました…。

そんな大人気コレクションである「CNP」のファンアートが「CNPJ」。

個人的には、CNPよりも勢いがあると思っています。

販売2日目で価格が260倍に跳ね上がってますからね…。

まだまだ上がるかと。

ですので、0.26ETHで仕入れても十分収益化はできるはずです。

ちなみにですが、CNPに関しては1体0.085ETHで購入し、0.519ETHで売れたことがあります。

この時で約6倍でした。

何はともあれ、早く始めるほど「先行者優位」に立てます。

投資に絶対はないので最後は自己責任ですが、

予算5万円くらいでスタートさせるネット副業

だったら、NFTの短期売買は選択肢として十分ありなんじゃないかと思いますよ◎

もしNFTを買わないとしても、今ならコインチェックで1,500円分のビットコインがもらえます。

仮想通貨取引所の口座開設だけでも、しておいて損はないですよ◎

【無料】コインチェックで口座開設する>>

まとめ|新しい市場にはお金を稼ぐチャンスが転がっています

いかがでしたか?

今回は

200円でガチャガチャをひいて9万円稼いだ話【NFTで稼げます】

と題して、NFTの短期売買がアツいという話をお届けしました。

投資の世界に絶対はないですが、仮想通貨やNFT、メタバースなどの「Web3」といわれる市場・分野は、これから間違いなく成長します。

成長市場には自然と大量の資金が流れ込みますし、お金を稼ぐチャンスもまた、大量に転がっています。

チャンスを拾うも拾わないも自由ですが、

試しにNFTを一つ買ってみる

くらいなら、人生経験としてもアリでは?

CNPJを買う手順をおさらいすると、

  • 仮想通貨取引所(コインチェック)で口座開設
  • 仮想通貨「ETH(イーサ)」を購入
  • 仮想通貨用の財布「MetaMask(メタマスク)」をダウンロード
  • NFTマーケットプレース「OpenSea」にアクセス
  • CNPJをポチる

でしたね。

詳しい買い方は「【完全初心者向け】NFTの買い方を分かりやすく解説【簡単5ステップ】」をご確認ください◎

NFTを買うのは…

って方は、コインチェックの新規口座開設キャンペーンで1,500円分のビットコインだけでももらっておきましょう。

ノーリスクで仮想通貨投資を始められますよ!

【無料】コインチェックで口座開設する>>

-NFT, マネーハック, 公務員のスキルアップ