【評判・口コミまとめ】今話題のライティングスクール「KWスクール」を徹底解説!

働き方改革、Withコロナの新しい生活様式、人生100年時代と、日々の生活が目まぐるしく変わっていく中で、「個人で稼ぐ」ということに注目が集まっています。

副業をすることがもはや当たり前となってきた中で、比較的挑戦しやすい副業の一つとして挙げられるのが「Webライター」ではないでしょうか。

 「ライティングスキル」はどんな仕事をする上でも必須で、「Webライター」として月5万円でも収入が確保できるなら、生活はかなり楽になりますよね。

 また、働く場所、時間を選ばないため、その点でとても魅力的であり、非常に人気のある副業と言えます。

 一方で、参入障壁も比較的低いことから、誰でも始めることができるため、多くのライバルと競合し、なかなか仕事を獲得できなかったり、仕事を獲得できても思うような収入を得られないのでは困りますよね。

 現在は、ライティングスキルを学べるオンラインスクールもいくつか出てきており、その中でも、今、特に話題なのが「KWスクール」です。

 一口に「オンラインスクール」と言ってもピンキリで、怪しいオンラインスクールが存在するのも事実です。

 そこで今回のブログでは、「KWスクール」を実際に受講した人の声・口コミから、「KWスクール」のサービス内容や評判などについて徹底解説していきます。

この記事で学べること↓↓↓

  • KWスクールってどんな内容を扱うの?
  • リアルな口コミは?
  • Webライターとして本当に稼げるようになるの?

それでは、次の章から詳しく解説していきます。

 

【評判・口コミまとめ】今話題のライティングスクール「KWスクール」を徹底解説!

1 KWスクールは何をしているスクール?

 まずは「KWスクール」の概要について紹介します。

 そもそも、「KWスクール」のコンセプトは、

「ライティングスキルで月5万円から20万円の副収入を目指す」

です。

 上記サイトは「KWスクール」が運営するブログですが、KWスクールの講師の方が実際に記事を執筆されているようです。

 記事の内容に関しても

  • WEBライター 月5万円稼ぐ方法
  • WEBライターで本当に生活していけるの?

などといったもので、このブログ記事だけを読んでも、ある程度のロードマップは書かれている印象でした。

 コンセプトからも分かるように、目指すゴールは、「副業」のWebライターとして、「月5万円から20万円の収入」を得ることです。

 世間のニーズとしても非常にマッチしているので、需要は確かにありそうですね。

2 KWスクールの概要や特徴

 次に、KWスクールの概要や学べる内容、スクールの特徴などについて紹介していきます。

1 KWスクールの概要と学べる内容

 「KWスクール」では、ライティング・文章の書き方の基本だけでなく、SEO(検索エンジン最適化)ライティングのやり方、セールスライティングに至るまで、ライティングスキルを網羅する形で受講が可能とのことでした。

さらに、ライティングスキルに加えて、案件に応募する際の提案文の書き方や、案件そのものの取り方に至るまで、幅広く講義が展開されているようです。

 そのため、KWスクールでライティングスキルを学ぶことで、実際に稼ぐまでをワンストップでサポートしてくれるというのは、非常に心強いのではないでしょうか。 

2 費用

 次に、気になる費用ですが、公式サイトには掲載されていませんでした。

 また、KWスクールに関する実際の受講レビュー記事や、口コミのまとめサイトを検索しても、費用に関しての記載は見当たりませんでした。

 クローズドのオンラインスクールの場合、金額が出回るといわゆる「炎上」のリスクもあるため、料金は公開しないことにしているかもしれませんし、金額を公開することで、同業他社と意図せず競合してしまうリスクや、ビジネスモデルを真似されるリスクを避けるという狙いがあるとも考えられます。

 ただ、ある受講者さんのレビュー記事を見てみると、その方は実際にWebライターとして稼ぐことができていて、その売上も公開されていました。

 〜抜粋〜

 現時点で7ヶ月目ですが、先ほどもお話した通り、以下のような推移でお金を稼げています。

1ヶ月目・・・スキルについて学んでただけなので、1万円程度

2ヶ月目・・・案件を取りまくって、5万円程度

3ヶ月目・・・高単価な案件で継続依頼をもらえるようになり、10万円程度

4ヶ月目・・・記事を書くスピードが上がり、13万円くらい

5ヶ月目・・・高単価な案件だけに注力して16万円

6ヶ月目・・・14万円

7ヶ月目・・・20万円

これだけでも、合計すると79万円になります。

すでに余裕で講座代金を回収できています。

この内容から、ある程度の料金は推察できますが、実際の料金を確認するには無料説明会に参加するしかなさそうですね。

3 KWスクールの特徴

 重複する部分もありますが、「KWスクール」の特徴として、下記のとおりまとめられます。

 

  • カリキュラム受講中は、質問し放題
  • 記事の添削もしてくれる
  • 現役のWebライターが講師であるため、業界の裏話やクライアントの見極め方などと言った、リアルな話を聞くこともできる
  • 提案文(応募文)の書き方まで指導してくれる
  • 通話相談にも乗ってくれる

 これらの特徴については、無料(独学)でライティングスキルを学ぼうとしても手に入らないものです。

 ですから、「純粋にライティングスキルを身に付けたい」に留まらず、充実したサポート体制を受けられるというのが、KWスクールに入校する大きな特徴になるのは当然とも言えますね。

 実際、私もライティングスキルは基本的に独学ですが、添削や質問するなどの機会はありませんから、自身が書いている記事の「品質」を確認することはできません。

 その点からしても、「KWスクール」のようなオンラインスクールに入校する意味というのは大きいですね。

 このほかにも、下記に添付した記事で、KWスクールの特徴が詳しくまとめられていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

3 KWスクールの口コミや評判は果たして?

 ここまで、「KWスクールの概要や特徴」について紹介してきましたが、気になるのはやはり、「利用者の声」ですよね。

 各種口コミについては、下記のサイトに分かりやすくまとまっていたので、こちらから一部抜粋しながら紹介します。

1 良い口コミや評判を集めてみました

 こちらは、実際の受講者さんの声です。

 この方は、30代後半の主婦の方で、在宅でできる仕事を探したいということからWebライターの仕事を始めたそうです。

 そして、KWスクールで半年間ライティングについて学び、月15万円〜20万円ほどの売上を安定的に得ることができているそうです。

〜抜粋〜

 スキルもそうですし、応募文の作り方も1から丁寧に教えていただけたことが大きかったと思っています。

 KWスクールの特徴は、なんといっても、ライターとしてのスキルもそうですが、やはり案件を効率良く取る方法を講師がマンツーマンで個別で教えてくれるところが魅力だったと思います。

 案件を取った後も、クライアントとのやり取りまでアドバイスしてくださったので、講師の方には本当に感謝しています。

同様に、こちらも実際の受講生さんのようですが、

〜抜粋〜

 ​​ただ、実際に受けてみると、ライティングのスキルを事細かく教えていただけたので、しっかりとスキルを身につけて高単価な案件が取れたような感じです。

一番すごいなと思ったのが、提案文の書き方ですね。

KWスクールがおすすめしている提案文の書き方という物があったのですが、

それを使ったら結構簡単に高単価な案件が取れてしまいました。

と言ったように、この方も提案文の書き方について言及されています。

 この方は、30代女性で2人のお子さんがいらっしゃるようです。

 さらに、実際の収入に関しても触れており

〜抜粋〜

ちなみに、私の稼ぐ推移について詳細にお話すると、以下のようになります。

1ヶ月目・・・スキルについて学んでただけなので、1万円程度

2ヶ月目・・・案件を取りまくって、5万円程度

3ヶ月目・・・高単価な案件で継続依頼をもらえるようになり、10万円程度

4ヶ月目・・・記事を書くスピードが上がり、13万円くらい

5ヶ月目・・・高単価な案件だけに注力して16万円

6ヶ月目・・・14万円

7ヶ月目・・・20万円

といった感じです。

「6ヶ月目は忙しくてバタバタしていたこともあって、5ヶ月目に比べるとちょっと収入が落ちましたが、7ヶ月目は順調にいってます。」

というように、この方も20万円ほどの売上を出しているようですので、KWスクールを受講して実際に成果を出しているモデルケースと言えるのではないでしょうか。

 なお、この方の実働時間については、一日平均5〜6時間ほどということで、家事や育児の合間を縫って作業しているとのことです。

 在宅だからこそできる仕事の方法とも言えますね。

そしてこの方は、記事執筆時点でKWスクールに入校して3ヶ月が経過しているようですが、

〜抜粋〜

 ・講師から無制限で添削を受けられるのは最高に良い

 ・具体的なテクニックの部分まで細かく教えてくれる

 ので、良いです。

 まあ、私の場合はそこ目当てで入ったというのはあるんですが、

 実際にこれらのサービスを他のスクールとか、コンサルで学ぼうとすると、

それなりの金額を払わされます。

そう考えると、KWスクールさんは割と良心的な感じだと、分析しました。

スクールに入ったのが3ヶ月前で、今月は5万円ほど受注してます。

私の場合、3ヶ月で5万円なので、そこまで凄い方ではないです。

稼いでる人とか、もっと時間がある人なら、月に10万、15万くらいなら行ってますからね。

とのことでした。

 まだ入校してから日が浅いというのもありますが、副業を開始して3ヶ月で5万円に到達するのは簡単なことではありません。

 ですので、十分な成果を期待できると言っても良いのではないでしょうか。

 http://kir8ijnh.livedoor.blog/archives/9878282.html

 2 悪い口コミや評判を集めてみました

 「KWスクール」の良い口コミをみてきましたが、やはり、悪い口コミが最も気になるのではないでしょうか。

 ということで悪い口コミや評判を探してみたのですが、これと言って見つかりませんでした。

 総じて「入ってよかった」という口コミばかりです。

 強いて言えば、「悪い」ではなく、「こんな人にはおすすめできない、KWスクールでWebライターを目指すデメリット」という視点での口コミがあったので、そちらを紹介します。

〜抜粋〜

続きましてデメリットですが、以下のようになるかと思います。

・参加しただけでは稼げない

・やる気のない人は向かない

・パソコンを持っていない人はやめたほうがいい

・一人で全てできる人は入る必要なし

こんな感じだと思います。

という内容でした。

「参加しただけでは稼げない」や「やる気のない人は向かない」に関しては、どんなことにも当てはまりますよね。

 プログラミングにしても、せどりにしても、たとえどんな副業を始めるにしても、「行動」しないと売上は発生しません

 参加しただけで誰でも稼げるようになるなら、その噂を聞きつけ、副業を始めたい人は全員「KWスクール」に殺到しますからね。

 正直な話、ライティングには一定のスキルはもちろん必要ですが、スキルよりも大切なことは「行動力」と「継続力」です。

 「Webライターとして副業で5万円稼ぐ」

という目標を持ったなら、その目標にひたむきに、毎日文章を書き続けない限りスキルは上達しませんし、目標は達成できないと思います。

 「パソコンを持っていない人はやめたほうがいい」に関しても、これはあくまで個人的な意見ですが、副業を始めるならノートパソコンの1台くらいは投資しましょう。

 Web系の仕事の場合、在庫を抱えるリスクもなく、手軽に小さく始めることができます。

 最大の初期投資はパソコン1台くらいなので、作業環境を整備し、

「スクール代金含めて元を取るぞ!」

という意気込みで挑戦することをおすすめします。

 最後の「一人でできる人は入る必要なし」というのも、やる気があるなら自分の力で切り開けますからね。

 敢えてスクールに入る必要もないと思います。

 逆に、忙しくてライティングスキルを磨くための教材探しの時間さえ取れない状況で、教材が一式揃い、カリキュラムも整っており、ロードマップが敷かれた状態の方が良ければ、「KWスクール」などのオンラインスクールに入校するという選択は、大きなメリットを享受できるのではないでしょうか。

4 YouTubeチャンネルでの発信内容について

 KWスクールが運営するブログや、受講生の口コミから、スクールの概要やカリキュラムについて紹介してきましたが、KWスクールでは、ブログのほかにYouTubeチャンネルを開設し、ライティングスキルを無料で発信しています。

 YouTubeチャンネル内の配信からも、KWスクールで提供されるサービス(講義の質)を推測できますので、この章では、YouTubeチャンネルで配信されている動画について触れていきたいと思います。

 1 発信内容は非常にシンプルで基礎的内容

 YouTubeチャンネルの正式名称は「【KWスクール】無料で学べるWebライティング」で、チャンネルの開設は2021年2月12日でした。

 ですので、YouTubeチャンネル開設から9ヶ月が経過したところですね。

 現時点(2021年11月17日)でアップロードされている動画の本数は、14本でした。

 タイトルを列挙すると、

  • 【徹底解説】クライアントに喜ばれる提案文の作り方を暴露します!
  • Webライターの仕事の見つけ方を徹底解説【6つします】
  • Webライターが継続案件をゲットするコツ4選【有利です】
  • 【伝授】私が分かりやすい文章を書くコツを暴露します!

などがありました。

 発信内容としては、「具体的なライティング術」というより、どちらかと言うと「Webライターとして実績を積み上げるためのコツ、マインドセット」に重きを置いた内容という印象でした。

2 動画の内容から推察できるKWスクールのカリキュラムの質

 上記で紹介したように、KWスクールのYouTubeチャンネルでは、「Webライターの始めの一歩を踏み出す」ためのTipsを主に発信しているように見受けられます。

 そして、口コミにもあったように

「KWスクールがおすすめしている提案文の書き方という物があったのですが、

それを使ったら結構簡単に高単価な案件が取れてしまいました。」

と言った内容を踏まえると、Webライターとして具体的に稼ぐところまでをしっかりサポートしてくれることに、真実味が増しますね。

 実際にKWスクールを受講していないためカリキュラムは分かりませんが、おそらく、動画で無料発信している内容からさらに踏み込んで、提案の仕方などに言及しているのではないでしょうか。

 また、先ほど掲載した4つ目の動画に関しては、具体的なライティングスキルについて触れています。

 この動画内でお話されている女性の方が実際の講師だと思いますが、まず、この方の話し方自体がとても分かりやすいですよね。

 ポイントをまとめながら簡潔に話されていますし、ライティングでよく用いられる手法である「PREP法」を使って話を展開しています。

 なお、PREP法とは、Point(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(結論)という形で話を組み立てると分かりやすい文章になるという、ライティングの王道とも言える手法です。

 「話すことができる」ということは「書くこと」もできるので、KWスクールの講義内容の質も担保されていることが伺えます。

 ただ、実際にどのようなカリキュラムなのかは公開されていないため、実際の内容を確認するには、やはり無料の説明会に参加するしかなさそうです。

5 そもそも「Webライター」という仕事って何?

 KWスクールで学べる内容について網羅的に紹介することができましたが、この章では、「そもそもWebライターってどんな仕事なの?」という点について触れていきます。

 これらの前提知識を踏まえると、「KWスクール」を受講すべきか判断しやすくなるのではないでしょうか。

 1 仕事の単価はどうやって決まるのか

 基本的に、Webライターとして仕事を請け負う際は、「文字単価(1文字○○円)」という形態が一般的です。

 Webライターの仕事をどのように見つけるかは後述しますが、基本的には

  • 文字単価0.5円で3000文字程度の記事を書いてください
  • 文字単価0.7円で2000文字程度の記事を5本書いてください

などと言った募集がかけられています。

 また、案件によっては

1記事1000円のお仕事です

というような形で募集されることもありますが、基本的には「文字単価」で仕事を請負います。

2 Webライターとしての単価の相場感とは?

 単価の決まり方が「文字単価」であることが分かると、次に気になるのは「文字単価は果たしてどれくらいが普通なのか」ではないでしょうか。

  これはあくまで相場ですが、

  • 初心者:文字単価0.5〜0.9円
  • 3ヶ月後:文字単価1.0〜1.5円
  • 1年後:文字単価2.0円
  • トップ層:文字単価5〜6円

と一般的に言われています。

 いかがでしょう?

 早く稼げるようになるためには、とにかく「文字単価の高い仕事を継続的に獲得」する必要があることが分かります。

 3 相場感を基にした、月5万円から20万円を獲得するための作業量を検討

 それでは、次は目標から逆算してみましょう。

 「KWスクール」では、副業Webライターとして月5万円から20万円の収入を獲得することを目標としています。

 例えば、月5万円の収入を獲得する場合を考えてみましょう。

 初心者の場合、文字単価0.7円の案件を獲得できたとして、5万円の売上を獲得するためには、「約71,000文字」執筆しなければなりません。

 さらに具体的に考えると、1記事3000文字の案件であれば、約24記事執筆する必要があります。

 これが例えば文字単価1円になると、5万円の売上を獲得するためには「50,000文字」が必要ですね。

 同様に、1記事3000文字の案件を仮定すると、約17記事執筆することで、売上5万円が達成できます。

 さらに、文字単価2円になると、5万円の売上には「25,000文字」執筆する必要があり、1記事3000文字の案件であれば、約9記事執筆することで売上5万円はクリアです。

 具体例では月5万円の売上でしたが、月20万円の場合は、単純に4倍するだけです。

 1記事あたりの文字数が増えれば執筆する記事数も減るので、そのあたりはご自身で色々なパターンを考えながら逆算してみてください。

 売上が立つ仕組みは非常に分かりやすいですね。

 この具体例からも分かるように、文字単価が上がれば上がるほど、記事の執筆数は減ります。

 大切なことは、「初心者」の期間をいかに耐え忍び、いかに早く「初心者」期間を脱出するかということですね。 

4 Webライターの仕事はどこで獲得するのか

 さて、ここまでWebライターの仕事や売上の立て方について解説してきましたが、「具体的にどこに案件が転がっているのか」が気になる所ですよね。

 それは、皆さんもご存知だと思いますが、「クラウドソーシングサイト」を利用するのが一般的です。

 「クラウドワークス」や「ランサーズ」などといわれるサイトですね。

 これらのサイトに実際にアクセスして、具体的な案件を確認してみましょう。

 募集されている案件は、正直言ってかなり安く買い叩かれています。

 基本的に相場感で示したような価格帯で募集されていますので、最初は「経験を買う」ものだと思って、とにかく行動することが副業Webライターへの道になります。

 また、クラウドソーシングサイトで案件を探す以外にも、TwitterなどのSNSで直接営業をかけるという方法もあります。

 ライティング案件を扱う人を探し、地道にDMを送信、または、自身のアカウントでライティング情報を発信し、自身の活動をアピールすることで、いわゆる「直案件(仲介者のいない契約)」を獲得することも可能です。

6【まとめ】KWスクールに入るべき?

 いかがでしたでしょうか。

 今回の記事では

【評判・口コミまとめ】今話題のライティングスクール「KWスクール」を徹底解説

ということで、「KWスクール」を徹底解説しました。

 「KWスクールに入るべきか」という視点で言うと、結論としては、人によります。

 そもそも受講料が分からないので検討しようがないとも言えますが、つまるところ「価格以上の価値を感じられた」なら入るべきです。

 「KWスクール」の特徴として、具体的な案件獲得のコツや文章の添削、Zoomでの指導など、サポート面が特に充実していることが分かりました。

 加えて、成果を出している人が現にいることを踏まえると、検討の余地は大いにあるのではないでしょうか。

 特に、本業や家事・育児があるからまとまった時間も取りづらいし、ロードマップを敷いてくれて、学習教材を調査・選択などする手間を省けるという意味では、KWスクールに入る価値はとても大きいと言えます。

 まさしく、「副業としてのWebライター」を目指す方にはぴったりなスクールかもしれませんね。

 時間や場所に縛られず、自分の力で稼ぐスキルを身につけたい方にとって、ライティングスキルを磨くというのは、非常に有効な手段だと言えます。

 ライティングスキル習得を効率よく進め、案件獲得まで最短ルートで走り抜けたい方は、「KWスクール」の受講を検討してみてもいいのではないでしょうか。

7 余談

 ここからは個人的な余談ですので、興味のある方は引き続きご覧ください。

 1 何をするにしても、作業を継続できる人でない限り、成果は出ない

 「悪い口コミ」でも軽く触れましたが、ライティングスキルに限らず、どのようなスキルを習得するにしても、継続できない人は成果は出ませんよね。

 スクールに入ったから稼げるようになることはもちろんなくて、Webライターで言えば、毎日文章を書くことで初めてスキルが磨かれます。

 また、相場感でも示したように、Webライターの駆け出しの頃は、文字単価がかなり低いので、相当の文字数を執筆しないと、ある程度の収入は見込めません。

 加えて、慣れるまでは執筆のスピードも上がらず、相当の時間を費やすことになり、「消耗」してしまいかねません。

 その点、副業Webライターとして成果を出そうと思うと、ある程度の覚悟を持って望む必要があると言えますね。

2 独学では挫折しやすいため、スクールを活用するのは検討の余地あり

 人による部分はありますが、「人生を本気で変えたい」というモチベーションがあるなら、有料教材やスクールに通うことなく、無料教材をかき集め、自分にとって必要な情報を取捨選択しながらでも、十分に学習は可能です。

 人によってやる気の出方、モチベーションの保ち方が異なるので一概には言えませんが、後に引けない状況を作ることでやる気の出る人、スクールに入ったから頑張れる人など、千差万別です。

 ただ、新たに何かを始めるとき、特に、独学で何かを始めようとすると挫折してしまうことが多いのではないでしょうか。

 「学習環境・継続できる環境を整える」という意味でも、「挫折しない仕組み作り」という意味でも、スクールの活用は一つの手段として検討の余地が十分にありそうです。

 このような「挫折しない環境作り」という点も踏まえると、「KWスクール」を検討してみるのも良さそうですね。

 ということで、以上になります。

 ありがとうございました。 

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓