「ビットコインのコンセプトは「財産の非物質化」」-Voicyアウトプット

今日もコツコツ書いていきます。

10月も基本的に毎日更新で頑張っていきますので、興味のある方は引き続き見に来てくれると嬉しいです。

さて、本日2021年10月1日はVoicyの配信内容をまとめつつアウトプットしていきたいと思います。

9月のブログ記事としてはおなじみですが、久しぶりにまとめていきます。

今回はタイトルにある通り

ビットコインのコンセプトは「財産の非物質化」

です。

タイトルに書いてある内容が全てですが、個人的に最近最も興味のある仮想通貨やNFTなどのブロックチェーン技術に関して、この配信が概念的な理解をするには例え方も分かりやすいなと思ったので紹介させていただきました。

配信されているのは「しゅうへい」さんです。

以前もこの方の配信は取り上げさせていただきました。

若干前置きが長くなってしまいましたが、今回の配信を聞くことで、

ビットコインってなんなの?

という点についてざっくりとした理解ができるのではないかと思いますし、これからの世界がどうなっていくのかについても触れていて、なかなか想像が膨らむ内容でした。

結構面白いのでぜひ音声自体を聞いてみてください。

結論はタイトルのとおり「財産の非物質化」なので、詳しく知りたい方は次の章もご覧下さい。

ビットコインのコンセプトは「財産の非物質化」

Photo by Sarah Pflug from Burst

〜以下、配信内容をまとめています〜

貨幣を物質ではなくする、非物質化・デジタル化させたものがビットコイン。

財産をデジタル化するというイメージ。

例えば

音楽。

今はApple Musicで音楽聞いてる(サブスク)けど、15年前はどうしてましたか?

中学生とか高校生の頃、CDMDコンポ使って、CDプレイヤーとかMDプレイヤー使っていませんでしたか?(人によってはズレがあるかも)

コピーしてましたよね?それを持ち運んでいませんでしたか?

音楽はデータとしてデジタルになってたけど、持ち運びは物理的なものでした。

その後にiPod登場、デジタルで持ち運べるようになった時代の変化。

そして気がつけばスマホに音楽が入るようになってましたよね、そのままストリーミング再生で音楽を聞くようになった(いつからでしたっけ?)。

音楽が非物質化されたんです。

DVDやビデオも同じですよね(GEOに行くこともなくなった)。

AmazonプライムやNetflixで事足りる時代になりました。

これの貨幣バージョンがビットコインです、概念としては。

財産(貨幣)の非物質化

ビットコイン自体がブロックチェーン上で動くお金

ブロックチェーンをすごくざっくり一言で説明するなら、「とにかく安全にデータを記録できる技術」です。

貨幣もデジタル上で管理することが可能になった。

ブロックチェーンの技術をアートに活用してデジタル化させたのがNFT(自分も購入)。

デジタル上で簡単に動かす(データをやりとりする)ことができるし、所有権を簡単に示すことができる。
※これまたブロックチェーンの仕組みとして、その貨幣やアートに対しただ一つの番号(これが改ざんできない)が付与されます

この事実に対しては疑いの余地もなく、もはや真理として信頼する必要もないという仕組み。
※これをトラストレスと言います

デジタル上で動かせるということは、財産の移動が楽になるし、仕組みとしても財産の証明がしやすくなるし、改ざんできないので、犯罪の数も少なくなる。

偽造パスポートや偽造の免許証を作成するという概念すら挟まない世界観がおそらく(ほぼ間違いなく)やってきます。

免許証、戸籍、自分の財産、お金、アート作品も非物質化されていくのがこれからの世界観。

説明を聞いてなんとなくは分かったけど・・・って人は是非、仮想通貨を少し買ってみましょう。

触ってみるのが一番理解できますよ。

まとめ

Photo by Brodie Vissers from Burst

今回の内容はいかがでしたでしょうか?

ちょっと端折ったところもあるので前後の文脈が??な部分もあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

タイトルにある通り、ビットコインのコンセプトは「財産の非物質化」です。

今日の記事ではこれだけ分かってもらえたら大満足です笑

音楽やCD、DVDとの例えは非常にわかりやすかったのではないかと思います。

物理的に存在していたものがデータでやりとりできるようになり、概念から根本的にガラッと変わりました。

それがお金にも波及しています。

現に、エルサルバドルではビットコインが法定通貨として採用されています(米ドルと併用する形)。

海外には銀行口座を作れない人もたくさんいます。

口座を作れたとしても、その銀行への送金手数料がめちゃくちゃ高くてすごく不便だったり。

確かエルサルバドルの話ですが、海外に出稼ぎへ行く人が多く、稼いだお金を母国へ送金しようとすると手数料がすごく高くて、仮想通貨で送金をした方が手数料が安いという事態になっているみたいです(うろ覚えですので違ったらごめんなさい)。

このようにして、新しい技術が日常で取り込まれているのは事実ですね。

新しいものはよく分からんから使わない

とは言ってられません。

新しい技術はどんどん使っていかないと、時代の流れに置いていかれます。

特にフリーランスとして働きだしてからは、色んな情報をキャッチするように心がけつつ、何が流行りそうで何か面白そうなことはないか結構アンテナを張っているつもりです。

その最たるものがNFT。

言ってしまえばただの画像データなんですが、現に21万円で落札して、海外では一つの作品が4000万円するものがあるので驚きですよね笑

前回のブログ記事でも紹介した「OpenSea」というプラットフォームは、メルカリの売上規模を超すような市場規模となっています。

とまあそんな感じで、ブロックチェーン技術を使用した未来っていうのはどうなるか分からないんですが、このあたりの情報は広くキャッチしておくと時代の流れについていけそうなので引き続きウォッチしていきたいと思います!

というので今日の記事はおしまい。

引き続き自分の興味関心事が中心ですが、読者の方に何か学びになるような配信を引き続きしていけたらと思いますので、また覗きに来てもらえたらと思います。

それではまた。

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓