「人は言い訳を考える天才。」を聞いた感想【Voicy-アウトプット】

今日紹介するのは初めて聞いた配信者の方です。

佐原まいさんというフリーランスとして7年目になる方で、動画編集に関するオンラインサロン(会員数700名以上)も運営しているそうです。

超絶ひよっこな自分からしたら大先輩のような方ですが、タイトルに興味を惹かれて聞いてみました。

まず、タイトルを見ただけで

自分のことじゃん

って思いませんでしたか?

かく言う自分もすぐ言い訳を考えますw

自分の話をする前にまずは配信の内容を簡単にまとめたいと思います。

常に現れる天使と悪魔

こんな経験はありませんか?

毎日頑張って続けようと思っていることに対して、

今日はやる時間がなさそうだなー

だとか

今日はちょっと疲れたから休みにしてまた明日から運動しよう

ってやつ。

ただ、一度やめると再び始めることが億劫になりますよね、初動は特に。

モチベーションが高くない時に、やらない理由、言い訳があれやこれやとたくさん出てくることは非常に多くあるわけですが、まずは、その状況に気付けることが大事言い訳探ししてる自分がいるな、っていう自己理解)。

そんなときは、「天使と悪魔」を召喚しましょう。

優しい声をかけてくれる天使ちゃん

「いや、やるって決めたのお前やん」って言ってくる悪魔

自分が求めている結果に近づく行動を示してくれているのって・・・悪魔の声なんですよね。

大事なことだから繰り返し、まずは自分という存在が「言い訳を考える天才なんだな。」ということを理解しよう。

これを理解していないと、言い訳に流されて頑張ろうと思って決意したことが続けられなかったことに対して嫌気がさしたり、「なんでできないんだろう」みたいな自己嫌悪に陥ったり、要するに負の連鎖に陥りがち。

モチベーションを維持し続けることなんて超難しい。

そもそも、言い訳が浮かんできてしまう根本的な問題

「最終的なゴールを決めていない」こと。

ゴールが決まっていないから言い訳が浮かんでくるし、浮かんできた言い訳に流されるのは無理もなくて、

自分が望んでいるゴールに対して近づける助言は果たして天使の助言なのか悪魔の助言なのか、これをその都度考えよう。

ゴールがちゃんと定まっていれば、自分がどれだけ言い訳を考える天才であったとしても、天使ちゃんの甘い言葉に流される機会は減らせる→ゴールに近づける可能性が高くなる。

✅まずはゴールを定める、どんな目的目標のもとでなにをやるのか(続けようと思ってる事柄)

✅やらない言い訳が思い浮かんだら天使と悪魔を召喚させよう

自分のゴールってなんだろう

目標から逆算してやることを決めましょう

ってよく言うし、今回の配信でも最終的なゴールが決まっていることで行動や判断にブレがなくなるということが言いたいんだと思います。

それは本当におっしゃるとおりなんですが、結局自分の目標ってなんだっけっていうのを考えてみました。

会社を辞めたのは、組織に縛られない自由な働き方(時間や場所も含む)がしたくて、同じ仕事をこの先30年以上も続けられんわって思ったのと、自分のスキルで生活していけるようになりたいと思ったのが大きな理由でした。

目的と目標の違いもあるけど、自分の中で「人生の目的は思い出作り」だから、これはすごく抽象的でふわっとした概念だから、目的を達成するための手段が目標だと考えると、

組織に縛られない自由な働き方ができるようになることも、
自分のスキルで生活していけるようになること

も目標なんでしょうか。

幸福度・充実度をどれだけあげられるか

っていう側面で考えたら、

  • 好きなこと(苦とは思わないこと)が仕事になる
  • 体を鍛えてカッコイイおっさんになる
  • 自分のライフスタイルに関する発信活動を通して誰かの背中を押す

というのも目標になるんですかね。

今回の終着地点がよく分かんないけど、やっぱり10年後、5年後、3年後、1年後、半年後、3ヶ月後のゴールを設定して、そのための毎日の行動を積み上げるっていうのが地道かつベリーハードモードだけど、天使ちゃんに負けないマインドを持っておくために必要なんだなということに改めて気づかされました。

そんな感じですね。

「千里の道も一歩から」というやつですね、今日も頑張りましょう。

それではまた。

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓