メリハリをつけてたまには休むのがすごく大事だと思った話

今日もコツコツ書いていきます。

とは言っても、タイトルにある内容が全てです笑

ただ、それで終わりなのもいかがなものかということで、そう思った話を簡単に書いていきたいと思います。

今回の内容は、過去の自分に向けた内容かもしれなくて。

ですので、現在フリーランスで悪戦苦闘している方や、現在、会社員として働いているけど将来は独立したい(フリーランスとして働きたい)と思っている方には、マインドセットとしても参考になるのではないかと思います。

メリハリをつけてたまには休むのがすごく大事だと思った話

2人は室内、自分は外で待たされた蕎麦屋の一枚

そもそも、自分の場合は、2021年3月末をもって、7年間働いた国家公務員一般職を退職しました。

そして、2021年4月からフリーランスとして、平日はもちろん、土日祝のいわゆる「休日」も、基本的に休むことなく毎日何かしらの仕事(もしくは仕事同等の作業含む)をしてきました。

  • 本当に辞めて良かったのか
  • 働きながら稼ぐ力を身につけることはできなかったのか
  • 得体の知れない不安

などに悩まされる日々で、毎日朝早くから就寝の少し前まで、何かをしていないと落ち着かない。

そんな毎日を過ごしていました。

ただ、

ちょっと力入りすぎてたかなー

って最近思うようになりまして。

最近の記事でも登場していますが、10月からランニングの練習会に参加するようになり、週に一度の息抜きかつ、自分の中で新たなコミュニティができて、週一の練習会に参加できるよう、時間配分をさらに意識できるようになりました。

だらだらと作業しない、という話ですね。

それと同時に、毎日作業をする時間は午後5時までと決め、それまでに、その日にやるべきことを必ず終わらせる意識を強く持つように。

もちろん、日によってスポットで対応が必要だったり、メッセージのやりとりしたりでずれ込むこともあります。

だけど、毎日に締め切りを作ることで、夕食後はもっとゆったりと、読書の時間とかインプットとしての時間に充てられるようになって、メンタル的にも安定感が。

という話は過去のブログでも書いていると思うんですが、11月に入ってからは遠出する機会が増えまして。

先週は横浜と東京を1泊2日で行ってきたし、今週(ついさっきまで)は日帰りで京都に行ってきました。

行きの移動中はインプットの時間にしてはいましたが、日中はPCから離れて、仲良くしてくれる人との時間を過ごす。

この時間がすごく貴重で、人とのつながりの大切さを身に染みて感じました笑

温かいぜんざいってこんなに美味かったっけ?っていう美味しさ

引きこもって一人で作業しているのが好きな割に、やっぱり人との関わりがないのは寂しい。

毎日作業することは全然苦じゃないんだけど(このブログも京都から帰ってきてPC開いて作成してる←)、それだけやってるもなんか違うなーって。

基本的に、一日の中で作業する時間と休憩する時間を作ることで、「一日休む」時間は必要ないなーと思って、今年の4月から今まで過ごしてきました。

実際、今日も作業はしてるしクライアントさんとメッセージのやりとりはするけど、一日の中で「余白」を大きく取ることは思っていたより重要なんだなーって思った訳です。

一日の中で作業の時間と休憩の時間を作ることで、毎日ジョギング感覚で作業し続ける

というのも、ある種の社畜的な考え方なのかもしれません。

ただ、フリーランスとして生計を立てていくには、これくらいの作業はして当然でしょ、と思っていたり。

やっぱり、Twitter見ていても、Voicyの配信を聞いていても、成果出してる人はすべからく鬼作業してる笑

それを知ってしまうと、自分もそうすべき、って思っていました。

自分に鬼作業ができない訳でもないし、しなきゃいけない時もあると思うけど、詰まるところ、エンジンふかしすぎてたのかなーって思いました。

もうちょっと環境に配慮して、エコな運転をするくらいがちょうどいいのかもしれない。

テンション感としても。

自分がどんな生活を望んでいて、望んでいる生活を実現するために、いつまでに何をしなきゃいけないか

目標から逆算して、着実に積み上げる。

着実に積み上げる毎日も大切だけど、気の許せる人との時間も超大切でした。

「DIE WITH ZERO」で書いてあった言葉なんですが

「人生の目的は思い出づくり」

これがとても気に入っています。

お金の価値を最も多く引き出せるのは、「今」だそうです。

若い間にこそ、様々な物事にお金を投じて、より多くの経験や価値を引き出せるみたいです。

人生一回きりだから、とにかく思い出を沢山作りたいなーって。

死ぬときは思い出しかあの世に持って行けないし、お金は持って行けないから笑

そういう訳で、週に一度、半日くらいは余白があってもいいんじゃね?

って思いました!

言うても社畜寄りw

あんまり深く考え過ぎてもしょうがないし、楽観的になるのは難しいけど、大体なんとかなる。

不安に思っていることの96%は現実には起きないって言うし。

「しっかり」メリハリつけた方が、仕事(作業)も頑張れるよね。

そんな話。

先週行った横浜と今週行った京都がすごく楽しくて。

2週続けていい思い出ができて満足。

横浜の海沿いが歩いててすごく気持ちよかった

フリーランスで働くと、仕事のスケジュールや働き方など、見えないことだらけだし、本当に今の状態でいいのかすごく不安になります。

ほかのフリーランスがどんな働き方してるかも分かんないし。

だけどそれは当然のことで、初めてその状況に立たされたら、手探り状態で前に進むしかないですよね。

という訳で、現状維持をするための行動ではなく、何か前進しようとしてさえいたら、大体なんとかなる。

無理せずがんばれー、っていう過去の自分に向けたエールでした笑

以上となります。

このブログでは、「一人暮らしの生活改善情報」をテーマに発信していますが、今回のような「フリーランス独立後の奮闘記」的な内容もたまに発信していますので、興味のある方はほかの記事もご覧ください。

それではまた。

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓