チャタテムシが発生したベッドフレームを捨てて購入したニューカマーの紹介

今日もコツコツ書いていきます。

本日は、以前ブログで紹介した

「やたらと目にする虫の正体が分かった気がする話【最近の悩み】」

の続編というか、そんな内容をお届けします。

虫の正体は、おそらく「チャタテムシ」というやつ。

日本の9割の家にいるとされる、体長1〜2ミリほどの、人体に特に害はない虫でした(食べ物に混入して誤って体内に入るとアレルギー症状が出ることも)。

湿気が好きらしく、畳に発生することがよくあるそうで(家に畳はありません)。

そいつが、ベッドフレームに結構発生していたことが判明。

それが10月の初め頃で、判明してソッコーで粗大ゴミの依頼、、、というのがブログには書いてあるんですが、粗大ゴミの回収日が来週の10月27日(水)に迫り、そろそろ代替品を買わないといけない。

ということで、昨日楽天で商品を探していました。

前置きが長くなりましたが、今回は、新たに購入したベッドフレームの代替品について紹介していきたいと思います。

結論を先に書いてしまうと、「すのこ」ベースの非常にシンプルなマットを今回購入しました。

購入に至った経緯や、選んだポイントなどを次の章から解説していきたいと思います。

チャタテムシが発生したベッドフレームを捨てて購入したニューカマーの紹介

早速商品を見てもらった方が早いので。

購入したのは添付した画像の「すのこマット」です。

お値段6,999円なので、かなりお買い得かなーと。

ちなみに、現在使用しているベッドフレームはこちらでした。

これも引っ越す時に結構探して、それこそ湿気対策と掃除のしやすさを考えて足があるタイプを選びました。

頭のところは電源が取れるようになっているので携帯の充電もできるし、結構気に入っていたんですが、やむなし。

ちなみにこちらは現在38,500円で販売されていますが、そこまで高くなかった記憶。

実際問題、こちらのベッドフレームを組み立て終わり、マットレスを載せていざ横になると、、、軋む音がするというwなんでww

しかも、足の部分に負荷がかかる(当然)ため、その部分のフローリングが目に見えて傷つくという事態も発生してしまい、ちょっと困っていた部分もありました。

フローリングの上のビニール?的なものが若干はがれました(修繕費取られるかな)

1年ちょいで買い換えることになるとは思っていませんでしたが、チャタテムシと一緒に毎晩過ごすのは嫌なので、買い換えるしかない。

そこで選んだのが「すのこマット」ですが、選んだ基準(優先順位)は以下の3つです。

  • 通気性を確保
  • フローリングが傷まない
  • 持ち運びしやすい(引越しを見据えて)

この3条件を前提に、あとは価格と相談して選びました。

そして、今回はベッドフレームにお洒落を求めるのはやめました笑

本当はベッドフレームの下も収納スペースとして活用したいんですが、そうすると再び立派なベッドフレーム買わないといけないし、だけどそんな大きな荷物を再度迎え入れるのも億劫。

だったら収納方法を改めようということで、最低限の機能を満たしたシンプルな代替品を探しました。

「すのこマット」と言われるような商品も結構種類があったんですが、その中でもこちらにした理由は大きく3つ。

  • 表面がフラットではなくスリット?が入っていて通気性アップに期待、すのこ自体に厚みがある
  • 床に設置する面全てにクッション材がついてる
  • クルクル丸めてコンパクトに収納可能で、持ち運びも便利

選んだ基準に連動するような形で、きっとこれが最適解だろうと思いました。

それぞれについて簡単に深掘りしていきます。

表面がフラットではなくスリット?が入っていて通気性アップに期待、すのこ自体に厚みがある

商品サイトから引用

画像からも分かるように、それぞれの板がフラットな構造ではなく、谷が2つあります。

これも通気性アップに一役買う、、、はず。

あとはすのこの厚みに関して、いい感じの比較画像だと思いますが、隙間を埋めてしまわないための「2.5センチ」というのがポイントな気がしました。

床に設置する面全てにクッション材がついてる

商品サイトから引用

これも非常に重要なポイントです。

賃貸住宅で最も注意すべきは、退去時の費用請求。

基本的に賃貸借契約の場合における賃借人(借りてる側)の義務としては、「善良なる管理者としての注意義務」といういわゆる「善管注意義務」と言ったりします。要するに、「通常に使用していて摩耗した分には退去時の費用を請求されるいわれはない」というのが民法の規程だったはず。改正されてたらごめんなさい笑

線引きは難しいところですが、先ほどの画像のようなフローリングの傷(ビニールが剥がれた)は…何か言われるかもしれない←

なので、基本的には建物に傷がつかないような工夫はしておく必要があります。

そういう意味でも、触れる面全てにクッション材がついているのはありがたい。

ベッドフレームと違って負荷がピンポイントで集中するわけでもないから大丈夫だと思うけど、そこは念入りに。

クルクル丸めてコンパクトに収納可能で、持ち運びも便利

商品サイトから引用

これは見たら分かる感じですし、一度敷いてしまったら収納する機会はないんですけど、定期的に掃除しようと思った時に便利だし、何より「引っ越すぞ!」ってなった時に超便利。

ベッドフレームの場合はおそらく分解しないと運べないし、分解するとネジが馬鹿になってそうだし、この先のことを考えると、これで十分なのかもしれない。

というのが結論でした。

まとめ シンプルライフにまた一歩近づく結果に

Photo by Christopher Jolly on Unsplash

いかがでしたでしょうか。

今回は、ベッドフレームの代替品紹介ということで、「すのこマット」の紹介でした。

この商品は粗大ゴミを出す前日の26日夕方に到着予定なので、翌日の27日にレビューがてら、ブログに書こうと思います。

ワンルーム一人暮らしの場合、収納スペースもめっちゃ限られるし、できることならベッド下の収納は確保したかったところでした。

ですが、中途半端な?そこそこな?ベッドフレームを買うくらいなら、ちゃんとしたお店で値段相応のベッドフレームを買った方がいいんじゃないかとも思うし、とは言っても外見にお金かけても寝心地変わらんからそこにお金かける必要もないやろ、とも言える。

幸い、家にはモノがそんなにないので、ベッド下に収納している冬用のあったかシーツと備え付けの電灯(ポップインアラジン付ける前の備え付けの電灯)は、クローゼットになんとか収納させます。

ベッドフレームがなくなる分、圧迫感が減るので部屋も広く見えたりしないかな?という淡い期待を持ちながら、来週を待ちたいと思います。

今回購入した「すのこマット」について、興味のある方はこちらからどうぞ。一応リンク貼っておきます。

【すのこマット】の詳細を確認

以上となります。

このブログで、「一人暮らしの生活改善情報」をテーマに、部屋づくりや物件選びのコツ、愛用品紹介、家電紹介など、ざっくばらんに紹介しています。

興味のある方は是非ほかの記事もご覧ください。

それではまた。

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓