実は要らない?手放しても問題ない家具家電インテリア 5選

私は現在一人暮らしをしており、一人暮らし歴12年になるのですが、インテリアが結構好きで色々な家具家電やインテリア製品を買って使ってきました。

そんな私ですが、中には

  • これ要らんかったわ~
  • 使う機会少ねぇ
  • 邪魔なだけ~
  • 余計な家事増やすのやめてもらえる~?

みたいなこともありました。

そこで今回は、

実は要らない?手放しても問題ない家具家電インテリア5

をテーマに記事を書きたいと思います。

この記事を読めば

新生活で敢えて揃える必要のない家具家電が分かります

シンプルでスッキリした部屋に近づきます

固定費の削減の参考になるかも?

それでは参りましょう。

 

とりあえず結論

①アイロン(アイロン台含む)
②掃除機
③部屋のカーペット、キッチンやトイレに敷くマット
④テレビ
⑤自家用車

最後がやや番外編ですが、この5つですかね。

 

理由も簡潔に

①アイロンがけ不要なワイシャツを買えばいい(男性限定?)
②クイックルワイパーがあれば必要十分
③汚れたら洗濯が大変だし衛生面でも手入れに手間がかかる
④時間泥棒だし場所も取る
⑤完全に贅沢品、お金泥棒

順番に解説していきます。

 

①アイロン

ここで皆さんに質問ですが、皆さんはアイロンがけしますか?

私の場合、実家では母親がアイロンがけしているのをよく見かけていましたし、私自身も社会人になって2年間位はせっせとアイロンがけしてました。

これが当たり前のことだと思って。

ただアイロンがけって結構めんどくさいですよね。

地味に時間かかるし、アイロンがけした衣類とアイロン自体の熱で自分自身も汗かいちゃうし。

かと言って毎回クリーニングに持って行くのもコストがばかにならなくて、まあそこはアイロンがけする時間をお金で買うと考えたらトレードオフみたいなものかもしれませんが。

あとは限られた収納スペースにアイロンとアイロン台を片付けるのが地味に場所を取ってくるという

社会人になった当初も、いわゆる「アイロンがけ不要、イージーケア」を謳ったワイシャツが発売されていて、その時からそのような商品を使っていましたが、普通にケアが必要だったので信用してなかったんですよね

ですがやはり時代の進歩は素晴らしいですね。

3年ほど前にシャツを新調した時に「イージーケア」のワイシャツを購入したところ、本当にアイロンがけが不要な程シワがつかない状態でした!

これは有り難いですねぇ。

ということで、アイロンとアイロン台はさよならしました。

アイロン無し生活を続けていますが、現状困ったことはありませんのでさよならして問題なかったと思っています。

まとめると

  • 家事が減る
  • その分の時間的余裕が増える
  • 物を置くスペースにも余裕ができる

一石三鳥ですね。

 

続いて

②掃除機

掃除機は大学生で一人暮らしを始めるタイミングで買い揃えた家電の一つでした。

そして、その当時、クイックルワイパーも併せて買った記憶です。

その結果どうだったと言うと、、クイックルワイパーしか使わないんですよね~。

コードレスタイプでもないので、掃除しようと思ったらコンセントを差さないといけないですので、その動作でさえめんどくさいんですよね、笑

自称綺麗好きですが、極度の面倒くさがりでもあって、なかなか厄介。自分で言うのも何ですが。

という訳で、

ホコリが気になったらその時にすぐ掃除できるクイックルワイパーの方が機動力が高い

というのが理由の1つです。

加えて、メンテナンス性について。

掃除機におけるメンテナンス=ゴミをどうするか

って所ですが、当時使っていた掃除機はフィルターを付ける訳ではなく、ゴミ受けに直接ホコリなどが溜まっていくタイプのもので、捨てるだけの操作で言えば大差はありません。

ただ、そのゴミ受けとその周辺も定期的に手入れしないといけないので、その分作業量が増えるんですよね~。

普段の家事をいかに効率良く済ませるか

ということを優先してると、余計なことはしたくないみたいな考えに偏るんですが、クイックルワイパーの方が単純な仕組みですし手入れも楽ですよね。

むしろクイックルワイパーにおける手入れって何だ?って話ですが。

そのようなメンテナンス性も掃除機不要説に拍車をかけましたね。

理由の3点目で最後になりますが、やはり、場所を取るんですよね~。

何回も登場する「場所を取る」ですが、ワンルームの限られた空間には本当に必要なものだけしか置きたくないじゃないですか。

そう思うと、クイックルワイパーの省スペース性には勝てません。

以上、まとめると

  • 掃除したい時にすぐ掃除できない
  • メンテナンス性で劣る
  • 置き場に困る

ですかね。

ただ、今はもっと手入れしやすい商品が出ているでしょうし、ハンディタイプのコードレスクリーナーもあるので、クイックルワイパー一択とまでは行かないかもしれませんね。

むしろ私はお掃除ロボットの導入を検討していますが、まだ実行に移してはいません。

 

次へ行きます。

③部屋のカーペット、キッチンやトイレに敷くマット

これですね、、冒頭に書いた理由が簡潔かつ全てだと思うんですよね。

確かにマットやカーペットのある暮らしって、上品でお洒落ですし、空間演出には重要かもしれません。

加えて、床が傷つくのを防ぐという意味でも大きく貢献しますよね。

ただ、これも掃除が面倒なんです。

そして結構汚れる

キッチンマットなんて、予期せず何かがポロッと落ちたらそれだけで汚れちゃうし、普通に炒め物してても油が跳ねることはしょっちゅうあるので、目に見えないところでマットが油を吸収してると思います(そんなこと考えたくないけど)。

トイレマットに至っては吸収してしまうものが飛び跳ねたものですからね

これ以上は割愛します。

逆に言うと、マットが無ければ掃除も楽なんですよね!

これはストレス軽減しますよ!

ここでも登場クイックルワイパーが捗ります。

トイレの床にしろキッチンの床にしろ、マットが敷いてなければその都度拭き掃除も簡単ですので、むしろその方がメンテナンス性も向上してると思っています。

以上、こんな感じ。

  • 洗濯に手間がかかる
  • 衛生的によろしくない
  • 床掃除が楽になる

ですね。

次へ行きましょう。

 

④テレビ

来ましたよ、テレビ!

結構大胆な選択ですよね、テレビを処分するって。

テレビって何だかんだBGM代わりに付けちゃって、何だかんだでダラダラと見てしまいませんか?

私は小さい頃からテレビっ子として育ってきたので、大学生になってからも

テレビなしの生活なんて考えられない!

って感じで生活していた記憶です。

この記事を読んでくれいている方々も、テレビは当然のように家にありませんか?

似たような状況ではないかと勝手に想像しています。

さて、そんな私にも、ある転機が訪れました。

それが、プロジェクターの登場です。

過去の記事でも取り上げたのですが、1台3役のプロジェクターとの出会いがきっかけで、

もはやテレビは不要じゃん

って言う状況になり、思い切ってテレビは捨てました。

テレビを捨てて、プロジェクターのある暮らしをかれこれ半年程続けているのですが、この半年間でテレビの試聴時間はほぼゼロになり、他の物事に充てる時間を持てるようになりました(プロジェクターからテレビ番組自体は見ることができます)。

要するに、テレビは自分の時間を知らず知らずのうちに奪っていたんですよね。

無意識って本当に怖いです。

こうして、テレビを捨てたことで時間泥棒から距離を取ることが出来ました。

続いて、テレビがなくなることで、テレビ台も必要なくなり、併せてブルーレイレコーダーも必要なくなりました。

そうすると、部屋がスッキリするんですよね。

これが現在の私の部屋です。

iPhone12の広角レンズで撮影しているので大分細長く広く写っていますが、8畳一間です。

物理的に物が減ると言うことと、各種コードの配線が全てなくなるので掃除もしやすくなります。

この効果は想像以上でした。

なお、今後引越しをするとなった際も、荷物の量が格段に減っているので搬入搬出時の作業量も減ることが予想されますし、その点も大きなメリットかなと思っています。

以上、まとめると

  • 時間泥棒と距離を取れる
  • 部屋が広くなる
  • 掃除もしやすくなる
  • 引っ越しが楽になる

ですかね。

では最後に、

 

⑤自家用車

ですね。

これは、住む場所や職業によっては必需品だと言う方もいらっしゃると思うので、番外編ということで紹介します。

私は現在名古屋市内に住んでおり、仕事は事務職で通勤には電車を使用していることから、車を使う機会があるとすれば土日の休日だけとなります。

ですが、昔からSUVに憧れていたこともあって、6・7年ほど前に約250万円で新古車のSUV車を購入して乗り回していたことがあります。

今となって考えると、完全に身分不相応だったなと思いますし、見栄はってたなーって思います。。

車って、本当に維持費がかかりますよね。

毎月乗るだけでも、

駐車場代

ガソリン代

保険代

は必ずかかりますし、毎年自動車税として約4万円払い、2年に一度は車検で10万円近くかかります。

車を所有していた当時、税金や車検料込みで毎月の維持費を計算したんですが、なんと40000円ほどになる計算でした(当時は購入時にローンで購入していたので月々の返済も上乗せされます)。

今のご時世だと尚更ですが、土日に外へ出かけることもためらわれますし、もし車が必要となれば、毎回レンタカーを使った方が費用は安く抑えられるんですよね。

今はカーシェアリングサービスがかなり発達してきたので、今後、車を使用する機会が増えたら登録しようか検討したいと思っています。

今住んでいるエリアで駐車場を借りるにしても月10000円近くするので、車を所有することのコスパって本当に悪いなぁって思っていました。

そのような、現実的なところに目を向けたことと、持たない暮らしを実現すると言う価値観を持つようになったこともあって、思い切って車は売却しました。

幸いにも、今住んでいる家の立地がとても便利なところなので車を必要とする機会は全くなく、あるとすれば実家に帰省するときだけで、その際はレンタカーを借りてやりくりしています。

日常でも、何かあればタクシーを使えば良いやと思っていますが、何だかんだで地下鉄を使ったり、歩いたりしちゃっているので、健康にも環境にも良い選択だったと思っています。

このように、「コスパ」を考えたら所有するのはとんでもない、お金泥棒だ、と言うのが理由の1点目です。

加えて、自動車も引越しの都度運輸局?に申請しないといけないじゃないですか。

あれ、超めんどくさくないですか?

市役所に行って住民票の変更をするだけならまだしも、別の役所に行って手続きしなきゃいけないとか

ちょっと勘弁してもらって良いですか?

って感じで。

ここでもめんどくさがりが発動していますが、やっぱり面倒なことは極力したくないのが人間の性だと思います。

この点、車を手放したことで、やらないといけない手続きから解放されると言うのもメリットかなと思います。

今回、今の家に引っ越したタイミングで車を手放すことにしたのですが、私は、

家賃が高くなったとしても立地の良い物件に住み、その分車を持たなくて良いライフスタイルにしよう

と考えていたので、そのような方針で物件選びをしました。

結果的にこれで良かったなと感じていますし、現在一人暮らしをしている方や、これから一人暮らしを始める方も、トータルのコストを意識しながら物件を選ぶと、理想のライフスタイルを手に入れられるかもしれませんね。

と言うことでまとめると

  • お金泥棒
  • 車で見栄はってもしゃーない
  • 余計な手続きから解放される

そんなところですかね。

 

さて、いかがでしたでしょうか。

手放した家具家電インテリア5選と言うことでまとめてきましたが、もう一度おさらいすると

①アイロン
②掃除機
③マット類
④テレビ
⑤乗用車

この5つが私にとっては手放しても支障ないもの達でした。

全てに共通することと言えば、

  • 持ってると余計な手間が増える
  • なくても生活には困らない
  • 所有するコストが実質的効果に比べて大きい

と言うことですかね。

だからこそ手放す理由があるわけですね。

なお、この5選はあくまで私一個人の目線からの紹介ですので、人によっては必需品だと思う方もいらっしゃいますので、

ふーん、なるほどねぇ

と言う程度で読んでもらえたらと思います。

以上になります。

このブログでは、一人暮らし歴12年の31歳独身が培った知識や経験、日常生活をちょっと豊かにする生活改善情報などを発信しています。

まだ始めたばかりなので記事は少ないですが、良かったらまた覗きに来てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた他の記事で会いましょう。

この記事を書いた人

masato

このブログは、一人暮らしを始める人、初めて間もない人に向けた「一人暮らしパーフェクトスタートマニュアル」を目指しています/物件選びのコツ、引越しのこと、お金のこと、生活改善情報、愛用品・生活家電レビューなど、日々の暮らしにまつわるTipsを発信/名古屋市内で一人暮らし/現在で賃貸物件は6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランスエンジニアに転身