一人暮らしを始める時の必需品7選!【これさえあれば最低限暮らせる】

 みなさんおはようございます。こんにちは。こんばんは。いかがお過ごしでしょうか。

 連日の投稿です。今日はタイトルにあるとおり、一人暮らしを始める時に、

これだけは揃えておきたいよね

というテーマでまとめてみました。

 一人暮らしを始めるときにかかる費用の総額は、平均して40から50万円するらしいです。

 知ってましたか? ・・・お金かかりますよね。

 単純に引っ越すだけなら家具を引き続き使うことができるかもしれませんが、実家を出て新生活スタートということで一式揃えようと思うと、まじでキリがない!最初の準備にはお金がかかります。

 かと言って、安かろうでとりあえずで買っていくと、後に不満が出てきて結局買い直す、、、なんてこともざらにあります。それは正しく「安物買いの銭失い」ですね。

 この記事を書いているのが6月中旬ですので、既に新生活をスタートさせた人も多くいらっしゃると思いますが、そんなことは気にせず、今回の記事では、一人暮らし歴12年目の大ベテランである自分が、一人暮らしをスタートさせるならとりあえず揃えておかないと困る必需品7選と題して、必要なものから順番にお金をかけていきましょう、という視点で書いていこうと思います。事前に前提条件として書いておきますが、いわゆる「ミニマリスト」的思考ではなく、

太郎

この7選さえ準備しておけば最低限生活できるよね

という視点ですので、予めご了承ください。あと、いわゆる超日用品は除外しました(トイレットペーパーとか)。

この記事を読むことで、

・一人暮らしを始めるならこれだけは用意しておかないと行けないのか

・これさえあれば最低限何とかなるのか

・これならそこまでお金かけなくても何とかなるかもしれない、これは実家から持って行って凌ぐか

という感じで参考になれば嬉しいです。

それではいきましょう!まずは結論から!ざっと書いていきますね。

①遮光カーテン(レースカーテン含む)

②マットレス

③布団セット

④冷蔵庫

⑤洗濯機

⑥深底フライパン

⑦ドライヤー

 個人的には、これさえあれば割と何とかなると思いますし、それ以外のものは順番に買い足していく形でも生活できると思います。それでは、順番に深掘りしていきたいと思います。

一人暮らしを始める時の必需品7選!【これさえあれば最低限暮らせる】

①遮光カーテン(レースカーテン含む)

 書く内容を決めて最初に思い浮かんだのが「遮光カーテン」でした。デスクの目の前にカーテンがあったからかもしれないけど。

 でも、7つに厳選した結果、これが無いと一番困るでしょ、って結論になったので最初に紹介しました。理由は以下の通りですかね。

理由

Ⅰ プライバシーの問題があるやん

 正しくこれ。もし、このブログを読んでいただいた方が、

次郎

自分は高層マンションに住んでるから無くても問題ないわ

って人だったすいませんでした。または、

富沢

他人の目線なんて気にする必要ないっしょ

って人もすいませんでした。

自分は他人の目線を気にするので、カーテンなしには生活できません。

 そんな感じで、一般的な感覚からしたら、窓越しに見知らぬ他人と目が合うなんて嫌ですよね。日中で家を空けている時は100歩譲ってまだ良いかもしれませんが、それは空き巣に取って格好の餌食になる可能性もありますからね。

Ⅱ 寝るときに無いのは困るやん

 これも同様で、夜の方が明かり越しにめっちゃ見えますからね。寝てしまえばぶっちゃけあっても無くても変わらない気がしなくもないですけど、日が昇るのが早いと、、、強制的に5時頃に起こされる可能性ありますからね。

ということで、カーテンは最優先で揃えるべきでしょう。というのが個人的な結論です。

②マットレス

 睡眠の質が一日の生産性を決めると言っても過言ではありませんよね。過去のブログでも触れましたが、睡眠への投資は惜しまない方が良いです。特に優先してお金をかけましょう。

理由

Ⅰ しっかり疲れを取ろうと思うならマットレスが必須

 おそらくほとんどの人がマットレス使ってるはず、睡眠は人生の1/3を占める大切な要素です

Ⅱ 床座以外の選択肢は重要(床座しかできないのは腰に悪い)

 これは自分が初めて一人暮らしをしたときに実際に感じたことですが、当時はロフト付きのアパートを契約し、そのロフトにマットレスを持って行き寝床にしていました(後に、熱がこもり過ぎて寝られないこともあって諦めました)。

 すると、ワンルームの生活スペースには、テレビ、カラーボックス、小さなローテーブル?くらいの物しかないのですが、椅子がないので床に座るしかないわけです。

 これが結構しんどくて、腰が疲れてくるんですよね。だから当時は限界を迎えるとロフトへ昇る梯子に腰掛けたり、トイレの便座に腰掛けたりしていました。

 一週間後くらいにはデスクと椅子を購入して床座生活から解放された記憶があります。人によっては気にならないかもですが、腰掛ける場所は思いの外重要だということを知る機会となりましたので、マットレスはそういう意味でも重要です。

③布団セット

 そんなに触れることもないんですが、夏だったら無くても支障はないかもしれませんが、それ以外の季節であれば、、、必要ですよね。ここはさくっと次へ行きます。

④冷蔵庫

 睡眠シリーズはこれで終了です。次に優先すべきは冷蔵庫ですかね。

理由

Ⅰ 調理を全くしない生活をするとしても、飲み物を冷やす、保存するためには必須

 電子レンジと冷蔵庫のどちらかは最低限無いと困るなと思ったのですが、電子レンジの場合は、コンビニで買ったものをその場で温めてから持って帰って食べることもできますし、スーパーにも電子レンジ置いてあることが多いので、その場で温める作戦を使えば、無くても生活できるという結論を下しました。

 逆に冷蔵庫が無いと、買ってきたものはそのときに全て食べきる(飲みきる)、無理だったら捨てる、という選択しか取れないなと思い、「保存できる」というメリットの大きさが勝ちました。夏にアイスを買ってきて保存しておくとか、ビールを買ってきて冷やせないとか、かなり不便だよなーって、、、思いませんか?

⑤洗濯機

 もし、洗濯機が無くても手洗いするという選択肢が取れなくはないです(洗濯表示が手洗いのものが実際にはありますからね)。ただ、それは時間の無駄使いも甚だしいですよね。現代を生きる我々はもっと楽して生きて良いはずです。これは極論ですが、

理由

Ⅰ 最悪コインランドリーという手段も取れなくはないが、それも流石に面倒

 家の近くにコインランドリーがあれば、可能性として無くはないですが、、、やっぱりそれでも面倒ですよね。ただ、雨が続いて洗濯物めちゃくちゃ溜まってしまった、洗濯2回しないと終わらない、、、とかなった場合にはコインランドリーで一気に乾燥まで終わらせるのも手段としてはありですよね。

Ⅱ 乾燥機付きだったら時間を生み出してくれるアイテムだから、投資する価値がめちゃ高い

 先ほどリンクを載せた記事でも紹介していますが、ドラム式の乾燥機付き洗濯機は導入できるなら本気で検討してください。要するに、コインランドリー行く必要もないし、スイッチ一つで乾燥まで終わります。

 究極の時短家電。投資しない手は無いですし、ここにランクインしなかった家具家電は後回しにして、洗濯機に予算を全振りしても良いんじゃないか、って位におすすめ。ただ、今回の記事は最低限揃えたい順番で紹介しているので順位としては5番目ということで。

⑥深底フライパン

 伏兵の登場って感じですがランクインさせました。

理由

 ランクインさせるか迷ったけど、電気ケトルより使い道が多い

 何だかんだ言って、最低限お湯は沸かしたい。はず。そうなった時、ティファールでも良いかもしれませんが、お湯を沸かす以外の使い道がない。それでは勿体ない。

 ということで、普通のフライパンでは無く、深底なフライパンであればお湯も沸かせるし、炒め物もできるし、湯煎することも可能です。最低限のモノを最大限有効活用するためには、ティファールではなく、深底フライパンでしょう。ということで。

⑦ドライヤー

 最後に何をランクインさせようか迷いましたが、ヘアドライヤーはやっぱり無いと困るかなってところでランクイン。

理由

Ⅰ メンズの短髪であれば無くても最悪大丈夫だけど、乾かさずに寝ると寝癖がやばくて結局面倒なことになる

Ⅱ 最低限の身だしなみを整えようと思ったら、無いと困る

 短く刈ってる人なら寝癖付かないと思いますけど、それ以外の人であれば、、大なり小なり寝癖つきますよね?そうなると、ドライヤーって無いわけにはいかない。

 シャンプーした後にはやっぱりちゃんと乾かさないと頭皮にも髪の毛にも悪いですし、風邪引くって言いますからね。

これって結局宿泊先にあるやつじゃね?

 記事を書いてるときに、ある一つの真理にたどり着いてしまいました。それがタイトルの通り。

 身一つで泊まりに行っても、一晩だったら問題なく、むしろ快適に過ごすことができる。ということで、改めて厳選した7選を思い出してみると、

  • 遮光カーテン:当たり前に備わってる
  • マットレス:無いと困る
  • 布団セット:同様
  • 冷蔵庫:ミニ冷蔵庫付いてるよね
  • 洗濯機:これは該当しない
  • 深底フライパン:これも
  • ドライヤー:絶対にあるもんね

って感じで、洗濯機と深底フライパンは一晩過ごすだけだったら無くても困りはしないけど、普通に生活するなら必要ですよね、ってことか。個人的には中々面白い発見だった。

惜しくもランクインを果たさなかったモノたち

 今回厳選した7つには惜しくもランクインしなかったけど、場合によって必要性がかなり高いものを簡単に紹介したいと思います。

  • 電子レンジ
  • エアコン
  • デスク(とチェア)
  • 電気ケトル

電子レンジと電気ケトルは、既に触れたので割愛します。

エアコンは、付いていない部屋の方が少ないと思いますが、必要性は相当に高いですよね(公務員宿舎の場合は付いてないです)。

デスク(とチェア)については、家で仕事するなら話は別ですが、そうでなければ最悪無くても暮らしていける。

段ボールをテーブル代わりにすることだってできるし、マットレスに腰掛けることもできるし。

番外編ですが、住む環境によっては車を所有せずに生活できません、って場合もあるので一応入れておきました。

必要に応じて買い足した方が満足度は高くなる

 如何でしたか?

 一人暮らしをスタートさせるなら、最低限これだけあれば暮らしていけると思います。なので、予算が限られる場合は、ここで厳選して紹介した7つに予算を振り分けるのがベターベストな選択だと思います。

なので、ここには出てこなかった

・テレビ
・掃除機
・アイロン

などは必要なら買えば良いですし、個人的には不要なモノだと思っているので、持っていません。

 最低限必要なものだけ準備しておいて徐々に買い足していく方が、余計な持ち物を持たなくて済みますし、その都度の家具家電の購入に真剣に、妥協なしに向き合えるので、その物に対する愛着やお気に入り度合いも高くなるんじゃないかなと思います。

 特にワンルーム一人暮らしの場合、そもそものスペースに限りがありますからね。

 最低限の物を置いた上で、残りのスペースや収納方法を考えて、暮らしをより快適にするアイテムや好きなもの、お気に入りを増やしていくのが生活の質を上げてくれるんじゃないかなーっていうのが結論ですかね。

 自分は元々そんなにモノを沢山溜め込むタイプではなかったし、「お洒落ですっきりシンプルライフ」が部屋づくりに限らず日々のライフスタイルにおけるテーマなのかなーって思ったりしてます。

まとめ お気に入りに囲まれた暮らしが至高

 そんな感じで、結局ライフスタイルは人それぞれ、千差万別です。誰かが優れているとかそんなことは全くないですし、比べるものでもないですし、自分が良ければそれでOKだと思います。

 ただ、この記事を通して

小宮

そんな考え方もあるよね

って思ってもらえたら嬉しいですし、少しでも参考になれば、これまた嬉しいです。

ということで今日はこれでおしまい。

このブログでは、こんな感じで「お洒落ですっきりシンプルライフ」をテーマに、一人暮らし歴12年目に突入した31歳バツイチが、日々の暮らしをちょっと豊かにするtipsや生活改善情報、お金の話など、ライフスタイルに関する発信をしています。

もし良かったらまた遊びにきてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓