ハンガーの跡を付けず、伸びる心配も不要なニットの収納方法-多分最適解

今日もコツコツ書いていきます。

本日は、最近インスタのリール動画で見つけた「ニットの収納方法」について(エヌケンさん(nken_second)っていうフォロワー約30万人のインフルエンサーが紹介してました)。

これがかなり画期的で、早速自分も試してみたんですが、すごく簡単です。

是非共有したいと思ったので、本日は

ハンガーの跡を付けず、伸びる心配も不要なニットの収納方法-多分最適解

というタイトルで、その収納方法について紹介していきたいと思います。

なお、今回の収納方法を実践するにあたっては、いわゆる「滑りにくいハンガー」を使用することを推奨します。

その点も次の章で解説していきます。

毎回ニットを畳むのも面倒だし、でも普通にハンガーにかけると重力で伸びてしまったり、肩まわりにハンガーの跡がついてしまったり。

今回の記事を読むことで、そんな悩みを解消できると思いますので、是非最後までご覧ください。

ハンガーの跡を付けず、伸びる心配も不要なニットの収納方法-多分最適解

画像の状態が完成形です笑

流石にこれだけでは解説になっていないので、手順を解説していきます。

  • 縦方向に半分に畳む
  • 脇のところにハンガーのフックが来るように配置
  • ハンガーの上に被さるようにニットを畳む
  • 完成!

手順としてはこんな感じ。

①縦方向に半分に畳む

最初に「縦に半分」にしましょう。

個人的には、背中同士をくっつける(お腹側が外にくる)ように畳んだ方が、襟周りの収まりが良い気がします。

②脇のところにハンガーのフックが来るように配置

次に、画像のようにハンガーを配置しましょう。

ここで、ハンガーの材質について触れておきます。

世の中には様々な種類のハンガーがありますが、今回使用しているような「滑らないハンガー」の利用をおすすめします。

同じ収納方法をプラスチックのハンガーでも試しましたが、多分問題ないけど滑り落ちる可能性が若干あるかもしれません。

ちなみに、滑らないハンガーは前回の水切りかごの紹介記事でも登場した「KEYUCA」のものです。

そんなに高くなかったのでおすすめ。

クローゼットの中のハンガーはこちらに統一しています。

クローゼットの中も統一感が出てすっきりするし、肩まわりにハンガー跡がつかないように弓状になっているのもGOODです。

③ハンガーの上に被さるようにニットを畳む

もうあとはお分かりかと思いますが、ハンガーにかぶせるように折りたたみます。

たったこれだけ。

簡単じゃないですか?

④完成!

一度覚えてしまえばとても簡単。

重力をうまいこと分散させながら、左右でバランスも取れてるし、ニットの収納方法として最適解なのでは?

と個人的には思ってます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は

ハンガーの跡を付けず、伸びる心配も不要なニットの収納方法-多分最適解

ということで紹介してみました。

上の画像は実際のクローゼットの様子です。

右側の見切れている部分にボトムスがかかっていて、インナーやスウェット系は衣類ケースに収納してます。

ニット3枚に関して、早速今回発見した収納方法に切り替えてます。

ちょっと横幅を取ってしまうのがネックですが、それでも伸びたりしてしまうリスクを避けられるなら問題ないかなーって感じですかね。

今日はサクッとこんな感じでおしまい。

このブログでは、「一人暮らしの生活改善情報」をテーマに、家計管理のコツ、節約ネタ、愛用品紹介などを発信しています。

そのほかにも、フリーランス独立後の奮闘記なども書いているので、興味のある方はほかの記事もご覧ください。

それではまた。

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓