掃除用洗剤はこの3種類で大体カバーできる【多目的利用でシンプルに】

今日もコツコツ書いていきます。

2021年も残すところ、あと50日ほどになりました。

今年できたこと、できなかったこと、色々あると思いますが、迫りくる年末に向けてやらなければいけない(必ずでもないとは思いますが)のが「大掃除」ですよね。

自分も年末だからと言ってがっつり掃除をするわけではありませんが、一応、いつもより念入りに掃除をしています。

ここで皆さんに質問です。

掃除用洗剤は何を使っていますか?

巷にはありとあらゆる掃除用洗剤が販売されていて、場所に応じて使い分けると室内の収納が各種洗剤まみれになっていませんか?

掃除用洗剤は多種多様に販売されていますが、実際問題、よく使う洗剤って同じだったりしますし、結局どれがいいのかよく分からない、なんてことはありませんか?

そこで今回の記事では、タイトルにあるとおり

掃除用洗剤はこの3種類で大体カバーできる【多目的利用でシンプルに】

をテーマに、現に自分が使用している掃除用洗剤を3つ紹介していきたいと思います。

先に結論を言ってしまうと、ずばりこの3つ↓

  • ウタマロクリーナー
  • ドーバー パストリーゼ77
  • キッチン泡ハイター ハンディスプレー

場所に応じて使い分けるのは、かさばるし面倒くさいですよね。

できることなら1本化したいけど、流石にそれは無理だな、というのが個人的結論で、現時点ではこの3つさえあれば大体何とかなります笑

一人暮らしをこれから始める人は、これだけは持っておきましょう。

最初の準備が肝心です。

次の章から、それぞれ掃除用洗剤の魅力や特徴を紹介していきたいと思います。

掃除用洗剤はこの3種類で大体カバーできる【多目的利用でシンプルに】

これから紹介する

  • ウタマロクリーナー
  • ドーバー パストリーゼ77
  • キッチン泡ハイター ハンディスプレー

の3つに関して、パストリーゼ以外はご存知の方も多いかもしれませんが、それぞれについて紹介していきたいと思います。

ウタマロクリーナー

ライムグリーン?の優しい色味と、丸みを帯びた癖のある「ウタマロ」の表記が何とも特徴的。

外見の特徴は置いといて、商品としての特徴を挙げるなら、

  • 本当に超万能選手
  • 液性が中性だから肌に優しい(長時間利用は良くないと思うけど)
  • 安い

この3つではないでしょうか。

一つ目に挙げた本当に超万能選手について。

商品裏面の「使えないもの」を改めて見てみると、

  • 水拭きできない家具・床・壁紙など
  • 天然の石材
  • うるし等の塗り製品
  • 銀製品
  • 自動車
  • 液晶・プラズマディスプレイの表面
  • 革製品など

…これ以外は全部いける、守備範囲の広さがすごい。

この一覧を見る限り「いや、さすがにそれには使わないでしょw」的なものばかり。

特に、一人暮らししてる人ならウタマロ一つで家中の8割から9割方カバーできるんじゃないでしょうか。

自分もそうです。

二つ目に挙げたのが「液性が中性」であること。

お肌に優しいですねー、これは結構ありがたい。

素手で掃除していても、掃除後に普通に手を洗えば特に問題なし。

三つ目に挙げたのが「安い」。

シンプルに、安い。

詰め替え用で250円ほど、本体購入でも450円ほどで買えちゃう。

一回買っても3ヶ月くらいは持ってる気がするし、この金額で買えるならドバドバ使っても大丈夫←

一人暮らしの日用品は、一度買うとなかなか無くならないから、それなりに良いものを買ってもいいんじゃないかと個人的には思っているんですが、ウタマロは安いから、貧乏人の強い味方です。

ドーバー パストリーゼ77

ドーバーパストリーゼ77」は、アルコール度数77%の「抗菌」、「防カビ」、「防臭」、「食品保存」用スプレーです。

製造は兵庫県三田市の酒造会社です。

ジャパンメイドです。それだけで安心感ありますよね。

そんな「パストリーゼ」の魅力は

  • 食品に直接噴霧することも可能な安心感
  • 台所周りの掃除はもちろん、台所用品や調理器具、食器類の除菌にも使えるし、生ゴミの臭い対策にも使える
  • ボトルデザインが結構おしゃれ(「The・洗剤」感がない)

ではないでしょうか。

一つずつ解説していきます。

まず一つ目に、「食品に直接噴霧することも可能な安心感」です。

重複しますが、日本の酒造会社によって作られているというのは、どこか安心感があります。

詳しい製造過程までは分かりませんが、極めて純粋度が高いアルコールを製造できるため、食品にも直接噴霧することができるそうです。

アルコールスプレーを食品にダイレクト」って、やっていいものかと思ってましたが、パストリーゼはしてもいい。

なので、作り置きしたときのタッパーとか、弁当箱とか、保存環境に注意したい場合はとりあえず吹きかけておきましょう。

二つ目に、「台所周りは全て任せろ!」という、商品の特性をフルに活かした使い道ですね。

よくよく考えると、パストリーゼを「掃除用洗剤」と捉えていいのか問題はありますが、シンクやコンロ、冷蔵庫の掃除に使えますし、掃除ついでに除菌もできるというのは、ご時世的にもありがたい。

コロナウイルスが蔓延し、結構長い期間欠品が続き、たまに販売されているかと思えばめちゃ高かったり、一人1本までの限定で販売などされていましたが、現在は、ドラッグストアに行けば大体売ってます。

三つ目に、「ボトルデザインが結構おしゃれ」。

このあたりの感覚は人それぞれですが、個人的には「洗剤です!!」なデザインをしていないのがとても好印象。

きっと、一般的に販売されている洗剤は、マーケティング的視点?デザインからの印象?からか、インパクト強めで、収納せずに出しておくと生活感が半端ない。

ただ、パストリーゼなら、そのまま外に出しておいてもギリOKデザインだと思ってます。

キッチン泡ハイター ハンディスプレー

知らない人はいないと思いますが、「台所用漂白剤」は代用品もないし、無いのはちょっと困るかなーって感じで3つ目に紹介しました。

無いと困る」に関して深掘りすると、

  • キッチンの排水口周りは漂白剤使わないとすぐに汚れと臭いが気になる
  • 液体より泡タイプの方が使い勝手がいい
  • まな板の汚れや除菌対策には必須

と言ったところが挙げられるのかなと思います。

一つ目に、「排水口周り(シンクのゴミ受けとか、ゴミ受けの下にあるプラスチックの蓋?とか)は、しっかり漂白剤使わないと臭いが気になる」という点ですね。

週に一度しかやる気になれないのでやむなしかもしれませんが、なぜあんなにも臭いが上がってくるんでしょう?

結構きれいに使っているつもりでも、なぞの粘着性のヘドロちっくなものが付着しますよね(食事中に読まれていたらごめんなさい)。

この強力な汚れは、強力な洗剤(漂白剤)で立ち向かわないと。そんな感じ。

二つ目に、「液体より泡タイプが使い勝手良し」というのは、商品内の比較ですが、サッと広範囲に吹きかけることができて、その泡がその場にとどまるから効果が発揮されやすい、というのも大きな魅力ではないでしょうか。

三つ目に、「まな板の汚れや除菌対策には必須」について。

毎日洗剤で洗っていても、それでも黄ばんでくるのがまな板。

見た目的にも、もちろん衛生面的にも嫌なので、漂白剤は使わずにはいられません。

この点、今まで紹介した2つでは対応できないので、泡ハイターは無いと困りますね。

番外編 そうは言っても、スポットで使う洗剤が2つある

「3つあれば大体何とかなる」と言いつつ、スポットで使用している洗剤もあります笑

タイトルが意味を成していないのはご了承ください。

それら2つをサクッと紹介すると、

  • ジョンソン パイプユニッシュ プロ
  • ルックプラス バスタブクレンジング

この2つです。

パイプユニッシュ」は、排水口の臭い対策として、そして、詰まりの防止のためにも、定期的にパイプユニッシュを排水口にくるっと1周回して放置。

洗浄力強めで、紹介した3つでは対応できないからスポットで使っています。

もう一つの「バスタブクレンジング」は、「こすり洗いする必要がない」が謳い文句のナイスな洗剤。

だけど、本当にきれいになっているのかめっちゃ不安←

結果、スポンジを使って普通にバスタブ掃除してます。

ただ、改めてウタマロクリーナーを見ると、風呂場も対応可能だったことが判明

なのでバスタブクレンジングは、なくなり次第お別れすることになりそう。

まとめ

Photo by pan xiaozhen on Unsplash

いかがでしたか?

本日は

掃除用洗剤はこの3種類で大体カバーできる【多目的利用でシンプルに】

ということで、

  • ウタマロクリーナー
  • ドーバー パストリーゼ77
  • キッチン泡ハイター ハンディスプレー

の3つを紹介してきました。

振り返ってみると、キッチンをメインで使用するものが多めという結果に。

それだけ自分の興味関心やこだわりが、キッチンに集中しているのかもしれない、という気付きもありました。

自分が口にするものだし、自炊するからキッチンに立つ機会も多いし、水回りは日頃から掃除しないとすぐに汚れるということで、気にする機会が多いが故にってところもあるかもしれません。

とりあえず、「ウタマロクリーナー」の守備範囲の広さに驚かされたのが今日の結論笑

一家に1本「ウタマロクリーナー」ですね。

ウタマロクリーナーもですが、「パストリーゼ」は個人的にすごく重宝しているので、もしまだ持っていない人がいたら、この機会に手にとってみてください。

商品の詳細はこちらから確認できます。

年末に向けて少しずつ部屋をきれいにして、気持ちよく2022年を迎えたいですね。

そんな感じで、掃除用洗剤も断捨離しながら、すっきりシンプルなライフスタイルの参考になればとても嬉しいです。

以上となります。

このブログでは、「一人暮らしの生活改善情報」をテーマに、家計管理や物件選びのコツ、愛用品紹介などをざっくばらんに発信しています。

興味のある方は他の記事もごらんください。

それではまた。

この記事を書いた人

masatoshi

一人暮らしの日々の暮らしをちょっと豊かにする生活改善情報やお金のことを主に発信しています/物件選びのコツ、引越し、家計管理術、資産運用実績、生活改善情報、愛用品・生活家電レビュー、Voicyアウトプット/一人暮らし歴12年目突入/賃貸物件6件目/バツイチ/国家公務員一般職からフリーランス独立/Web制作/Webマーケティング/Web制作×Web広告の定額サービスは「ウェブサイト」から↓↓