4月の支出一覧【月に一度の家計管理】

お久しぶりすぎる投稿となりました。4月1日からフリーランスで働いていますが、なかなかペースが掴めず、自分を追い込みすぎて疲れたりと色々ありました。が、少し落ち着いたのでタイトルにあるとおり、3月16日から4月15日までの支出を確認していきたいと思います。

この記事を読んでいただけたら、

家計の管理方法

一人暮らしのリアル生活費

がもれなく分かりますし、今年度に入って一人暮らしを始めた人にとっては特に参考になるのではないでしょうか。そういった方に限らず、自分の生活費は果たして平均的なのか、どこか見直せる項目はないのか、などといった観点からも参考になると思いますので、軽い気持ちで読んで行ってもらえたらと思います。それでは早速振り返っていきましょう!!

まずはマネーフォワードのグラフはこちら↓↓↓

  • 支出合計 279,276円
  • 住宅関連費 103,974円
  • 教養・教育費(自己投資) 61,550円
  • 特別な支出 52,118円
  • 食費 26,650円
  • 現金・カード 20,000円
  • 交際費 9,949円
  • 日用品 5,035円

という感じでした。ちなみに、先月はこんな感じでした。

2月16日頃のタイミングから基本的にカードまたは電子マネーでしか払わない生活しているので、マネーフォワードを見るだけで全ての項目が見える化できてます。手間が省けた。レシートもレジで受け取るけど家に帰ったら捨てちゃってます。とは言っても、お気に入りのパン屋と中華料理屋は現金でしか払えないので、そこは現金払い。何とかならんかな。

では、それぞれの項目を振り返っていきたいと思います。

 

住宅関連費

先月は108,422円だったので、、、誤差4,000円くらいはNHKの放送受信料だと思います。2ヶ月に一度で4,500円くらいだった記憶だし。まじで何とかしてくれよって感じだよね。見ないのに。住宅関連費は息を吸ってるだけでもかかるお金なので、削れるだけ削ったらもうあとはできることがない項目。近い将来で、この項目分の金額をストック型の収入や配当収入で賄えるようになりたいですね。

削れるだけ削ってきたところだけど、今回、新たに保険に加入することにしたので来月から金額が上がります。だけど自分の職業柄、万が一で働けなくなったときの収入保障は必要不可欠だと思っていたので、そのようなリスクには備えないと、って感じですね。これはまた記事にしよう。次にいきます。

 

教養・教育費

詰まるところ自己投資の金額、または、仕事していく上で必要な経費です。4月からオンラインサロンに参加(一度払ってしまえば追加費用は発生しない形態)したので、その課金が4回払いで支払うことになってるけど、1つでも案件を獲得できたら元は取れる金額なので、基本的にフレッシュで整理された情報はお金を払って取りに行き、そこで得た情報や知識を使って仕事取って元を取ることを繰り返すのが成長の速度も大きさも一番だと思ってます。なので、可能な限り情報は自分で収集せずお金で買うようにしています。だからここの金額はあまり気にしない。そんな感じで次へ。

 

特別な支出

これね。ちょっと膨れ上がってるんですが、物は試しということでビットコインを4月26日に5万円分買ってみたんです。別にこの程度なら半値になってもまあ勉強か、と言える金額で買ってみました。そしたらその後に大暴落。。。

これが5月22日午後1時55分頃のチャート図なんですが、自分が購入したのは最後の山ができ始めるタイミングで、最初は順調に最高値に近づいていったんですが、、、その後は見ての通りです。17,000円くらいマイナスになってます。利益確定はしていないので現状そうなってるだけだし、別にビットコインで一発当てようなんて考えてもいないので、このまま置いておきます。ビットコインは投資じゃなくて投機だと思う。素人が手を出すのはやめましょう。そんな感じで次へ。

 

食費

先月より1,500円くらい多かったけど、、、本当に毎日家にいるし、基本的に自炊で何か作ってるし、食事くらいしか楽しみないから好きなもの買って食べたいよね。ってことでまあ気にしない。やっぱり会社行ってた時の弁当生活は節約できてたんだなと実感。。。次行きます。

 

現金・カード、交際費

要するにお小遣いですね。予算は一応3万円ですが、カード生活になってからお小遣いとして払っている範囲が結構曖昧になってる。別に構わんけど。コメダ珈琲で作業したりするし、ランニング帰りにコンビニにちょろっと寄って食パンとヨーグルト買ったりとか、出費があったのは結婚式の二次会くらいだもんな。。お金使う機会が本当に減った。まあ、今は全然お金稼げてないから丁度いいという話で。振り返ることもないので次へ。

 

日用品

細々したものをまとめて買ったからか、ちょっと多めになったけど、日用品も必要以上にケチるところでもないし、こんなモンでしょ、って感じじゃないでしょうか?適当。。今までは3,000円って予算決めてたけど、はみ出す月も普通にあったし、やっぱりこんなモンっていう結論。

振り返りは以上です。いかがでしたでしょうか。ちなみに、ここには出てきていませんが、iDeCoで毎月12,000円を全米株式に充ててますし、積立NISAで毎月30,000円くらいかな?を充ててます(先進国株式と新興国株式)。本来、これらは収入の中から余裕資金を回すべきで、現状、毎月の収入からこれらの金額を賄えているわけではないですが、これらをストップしないと生活に困窮してしまうような預金額でもないのでそのままにしています。

これらは「長期」「積立」「分散」投資をして、悠々自適なセカンドライフを送るための備えです。国の制度をしっかり活用するのは大事だけど、国の制度に自分の未来を委ねるだけではあかんですからね。これからはとにかく「個」の時代なので、自助努力は必須です。

そんな感じですね。これからは更新頻度を上げていきたいと思ってるけど、、どうかな。決意表明しても疲れるだけなので。とにかく楽しい人生を送りたい、と思った中で

ブログ書くぜ!

ってなった時にまた書いていきます。最後まで読んで頂いた方へ、ありがとうございます。

 

不定期更新になってますが、またフラッと見に来てもらえたら嬉しいです。それでは。

この記事を書いた人

masato

高校卒業後、名古屋市内で一人暮らしをしています。日々の生活をちょっと豊かにする生活改善情報や、愛用品、生活家電レビュー、お金のことなど、日々の暮らしにまつわるTipsを発信しています。